西日本豪雨災害から、まもなく2年

西日本豪雨災害から、まもなく2年。

先日、被災した竹原市東野町を取材しました。

2018年7月6日の夜、東野町では大規模な土石流が発生。

お一人の方が犠牲になり、川の氾濫で町は泥の海となりました。

私は被災10日後に訪れましたが、田畑は泥につかり、

山裾の家は岩や流木でなぎ倒されたままという、無残な光景が広がっていました。

2年ぶりに見た町は、更地が目立つ場所もありましたが、

鮮やかな田園風景を取り戻し、砂防堰堤の工事も進んでいました。

 

「町が災害前の姿に戻りつつあることについて、どう思いますか?」という私の問いに、

元自治会長の男性は、「まだ6,7割といったところです…」と答えました。

実際に、被害の大きかった場所に向かうと、田んぼの中に残る流木や、

土に埋まったままの墓地など、その言葉通りでした。

第一印象でほぼ復旧していると思ってしまった自分を反省しました。

(2年前にもお世話になった、東野町の元自治会長 山田さん)

 

「肝心なことは目には見えない」(by星の王子さま)という言葉がありますが、

一見、ほとんど元通りに戻ったかのような町も、

一歩踏み込んでみると、まだまだ復旧の途中で、手つかずの部分もあること。

さらには、行政の手が回る見込みもなく、自分で何とかするしかない、

でもどうすることもできず悩んでいる被災者がいることを知りました。

 

また、「ボランティアさんがたくさん来てくれて、本当に助かった」と、

まるで昨日のことのように話される方や、

「今ようやく、当時のことが話せるようになった」とおっしゃる方もいて、

豪雨災害は過去の事ではないと痛感しました。

 

この取材の模様は、来週月曜日、7月6日の「テレビ派」で放送します。

西日本豪雨から2年の特報として、被災地の今や、新たな研究で分かったことなどを紹介。

災害から命を守るために大切なことを考えます。

是非ご覧ください!

(被災当時の話をして下さった、長善寺 大内住職)

不定期連載 ヒロシマ日記<33>ひいじいちゃんの被爆体験~コロナ禍のヒロシマ~

新型コロナウイルス禍で、平和公園から一時、人の姿が消えるなど、

ヒロシマの思いを紡ぐことにも影響が出ている今年。

このまま被爆75年の節目を、ただ過ごしてしまっていいのか…

広島の“普通の”高校生が立ち上がりました。

崇徳高校3年生の高垣慶太君です。

北海道や東京など全国の若者と核や平和について議論する、オンライン交流会

「被爆75年ユースラボ」を立ち上げました。

こうして文字にすると、少し堅苦しく感じるかもしれませんが、

実際は、高校生たちが力まず、きどらず、自然体で語り合う社交場です。

身近に感じてもらいたいので、あえて“普通の”と紹介させていただきました。

今週のドキュメンタリー番組「WATCH」では、

そんな高垣君が、医師として被爆救護に当たった曽祖父について調べ、

オンライン仲間に伝えるまでを追います。

 

私が一番好きなシーンは、高垣君と90歳の被爆者が交流するところ。

「あの日のことを知りたい」という若者の純粋な気持ちに応じる、

被爆者の方の温かいまなざしが印象的です。

そして、オンライン上で語られる高校生たちの等身大の意見は、

なにか爽やかな気持ちにさせてくれます。

私はナレーションを担当しました。

 

『WATCH ひいじいちゃんの被爆体験~コロナ禍のヒロシマ~』は、

今週土曜日(6月27日)の深夜、日付が変わった午前0時55分から放送です。

是非ご覧ください!

私も、“普通の”高校生の娘に見せたいと思います。

 

 

不定期連載 ヒロシマ日記<32>沖縄慰霊の日

今日、6月23日は沖縄慰霊の日。

太平洋戦争末期の沖縄戦で、日本軍が組織的な戦闘を終えた日です。

75年前、沖縄は住民を巻き込んだ激しい地上戦の戦場となり、

20万人以上が命を落としました。

今年の沖縄全戦没者追悼式は、新型コロナウィルスの影響で規模が縮小され、

参列者は座席の間隔を空けて座り、安倍晋三首相はビデオでのあいさつとなりました。

今年の8月6日の広島平和記念式典も、このような光景になるのかなと想像しながら

私もテレビ中継を見ました。

 

玉城デニー沖縄県知事の平和宣言に、

「ヒロシマ」という言葉が出てきたのをお聞きになりましたか?

 

『私たちは、人類史上他に類を見ない惨禍を経験されたヒロシマ・ナガサキと

平和を願う心を共有し、人類が二度と「黒い雨」や「鉄の暴風」を経験することが

ないよう、心に「平和の火」をともし、尊い誓いを守り続ける決意を新たにします。』

 

沖縄の方が、広島・長崎を同じ想いを持った都市として、近く感じてくれていること。

そして、平和の実現に向けて共に歩もうというメッセージがとても嬉しかったです。

この慰霊の日を「沖縄の事」とだけ捉えず、我が事として考えなければいけないなと

改めて感じました。

 

玉城知事は、新型コロナウイルスへの不安が差別や偏見を生み出したことにも触れ、

世界中の人々がそれぞれの立場や違いを認め合い、協力し、信頼し合うことの重要性を

訴えました。

広島に住む私たちが、沖縄の方々の痛みを理解しようとすることは、

まさにそんな行動と言えるかもしれません。

 

まもなく開幕!!!

プロ野球開幕まであと2日☆

ついに!やっと!!待ちに待った!!!ですね〜。

一昨日のテレビ派は、スポーツ元気丸との初めてのコラボ放送、

「カープ完全応援スペシャル」をお送りしましたが、ご覧いただけましたか?

二つの番組のセットが、まるでパノラマ写真のようにつながる光景は、

ちょっと新鮮でしたよね!

池谷公二郎さんと野村謙二郎さんのダブル解説に、

ミスター赤ヘル、山本浩二さんも電話出演で盛り上げてくださいました。

池谷さんは、2年連続開幕投手を務める大瀬良投手について、

立ち上がりさえ冷静に入ればやってくれるはず!と太鼓判を押し、

野村さんは、今シーズンはどの選手がどこのポジションを守るか選択肢が豊富なので、

メモをしていくと楽しいですよ、と提案。

山本浩二さんは、カープの最大のライバルにベイスターズをあげ、

佐々岡新監督の投手起用に期待を寄せました。

そして、そんなお三方が口をそろえたのが、開幕三連戦の重要性。

強敵ベイスターズが相手だからこそ、開幕ダッシュをかけられるかどうかが、

V奪還への鍵となりそうです!

広島テレビでは、開幕戦と開幕第2戦を中継。

また、開幕日の19日は、

「開幕戦観戦!カープ応援オンライン飲み会 supported byアサヒスーパードライ」を

開催します。

テレビ中継を観ながら、ザ・ギースの尾関さん、ボールボーイの佐竹さんなど、

カープファン1000人(!)と繋がって、今年ならではの応援を体験しませんか?

きっと忘れられない開幕戦になるはず

応募締め切りは今日いっぱいですよ!

詳しくは、こちらまで↓

https://www.htv.jp/event/event-list/200619-2.html

これぞ珍回答!

今日から、多くの学校で授業が再開しましたね。

昨日の我が家は、夏休みの最終日状態。

小学3年生の次男が、夜になって「宿題が間に合わない」と言って突然泣き出したので、

「なんでもっと早くやっておかないの!」と言いたいのをぐっとこらえ、

「とりあえず、一つ一つ片づけていこう」と励ましながら、深夜1時まで付き添いました。

休みの間、「宿題、大丈夫?」と聞く度に「大丈夫!」という声が返ってきていたのですが…

もっと、進み具合をチェックしておくべきでした(反省)

 

ところで、そんな次男の算数問題の回答で、思わず笑ってしまったものが!

長方形に直線を1本加えて、2つの直角三角形にする問題。

ちなみに、これが正解です。

次男の答えは…

長方形を1本の直線で半分にして、それぞれに、かわいい直角三角形を描いちゃった!!!

宿題のことでイライラしていた私も、これには爆笑。

癒されました(*^^*)

家族で人狼ゲーム

今週から子供たちの自主登校が始まりましたね。

分散登校のため、一日おき、午前中だけではありますが、

私としては、子どもの生活に少しでもメリハリがつくのが嬉しい!

家にいるとなかなか進まない課題も、学校ならヤル気が出るようで、一安心です。

特に、我が家の場合、4歳違いの長男と次男が一緒にいると兄弟げんかが多くなるので、

学校に行くことで二人が離れる時間ができたのが大きい。

四六時中二人のけんかを聞いていると、こっちまでイライラしてしまいますから…(^^;)

 

ところで、先日、おうち時間を楽しむため、

家族5人で初めて「人狼(じんろう)ゲーム」をしました。

人狼ゲーム、知ってます?

若い人の間では有名らしいですね。

参加者に、人狼(人に化けた狼)、市民、騎士などと書かれたカードを配り、

会話の中から誰が人狼なのかを推理するゲームです。

人狼になれば、それを悟られまいと嘘をつき、

それ以外であれば、心理戦で人狼を突き止めようとする…

これは盛り上がる!はずだったのですが…

男子たちが必死になりすぎて、もう大変!

「本当に人狼じゃないんじゃね。嘘だったら許さんけぇ!」、

「なんで、俺ばっかり人狼にしたがるん!」

「ほら、言ったじゃろ。じゃけぇ俺じゃないって言ったのに(怒)」

などと感情的になりすぎて、最悪な雰囲気。

まったくもう(-_-;)

そういう騙し合いを楽しむゲームなのっ!

あっ、なんだか愚痴っぽいブログになってしまった…。

 

最後は、子ども達の名誉回復のため(笑)、ステイホームで頑張っている事をご報告!

長男は、ミニチュア作り。

この駄菓子屋さんは、店内に綿菓子や銀紙に包まれたチョコレートなども置いています。

 

次男は、なわとび。

技や回数をクリアすると、なわとびカードに色が塗れます。

二重跳びがどうしても1回しかできず苦戦中。

 

ちなみに、娘はというと…

うちのネコたちの撮影。

毎日のように、自信作をラインで送ってきます。

外出自粛中、我が家の一番の癒しはこの2匹です♡

 

私の“ゴール出んウィーク”

本日、久しぶりに出勤しています!

私、元々決まっていたGW休みに、新型コロナウイルス感染防止策の休みが加わり、

まさかの19日連続休暇でした。

休むのが務めとはいえ、休みすぎて何か申し訳ないです…。

今日のエキキタの景色は、帰省した時の故郷の懐かしさに似ていました。

 

さて、皆さんは今年の「ゴール出ん(出ない)ウイーク」をどう過ごされましたか?

私は、宣言通り、日本の歴史のマンガをひたすら読んでいました。

目標は「全15巻を5回通して読んで、休み明けには歴女になる!」。

「マンガでしょ。すぐ読めそう。」と思ったあなた、そうでもないんですよ~。

私のような歴史オンチにとっては、マンガも教科書のようなもの。

理解しながら読もうと思うと、結構時間がかかるんです。

今は3週目の明治維新です。

お、遅いですか…?

実は、ただ読むだけでは頭に入らないので、3週目はノートにまとめだしたのですが、

これがなかなか進まない。

ノートにまとめるなんて学生以来だし、要約して書くということに手間取っています。

(誤字脱字はお許しください)

 

しかも、文字を書くこと自体が少なくなっていた中、急に根を詰めたからか、

右手が腱鞘炎に!

泣く泣く、昨日は一日ストップし、歴史に関する番組を見ていました。

更年期は腱鞘炎になりやすいらしいです(^^;)

 

あっ、一応、家のこともやっていますよ。

正直なところ、朝昼晩、食事を作ることに疲れてきました。

作って、片づけて、また作って、片づけて、買い物に行って…

レパートリーが少ない中、買い物もできるだけ控えて苦労しているのに、子どもは

「この肉じゃがは煮えすぎて、おばあちゃんの方がおいしい」とか平気で言いますし…(泣)

これまで頼ってばかりだった義母や、学校の給食のありがたみを、ひしひしと感じています。

 

ゲームやアニメ三昧の子ども達にイライラすることも多いですが、

我が子とこうして何日も家で過ごす機会はそうないだろうなと思うと、

これはこれで貴重ですね。

ステイホーム、もう少しがんばってみます!

 

(子ども達とはよくドンジャラをしています)

おうち時間でコンプレックス解消だ~!

今週火曜日の我が家…

夫は仕事部屋にこもりテレワーク。

高校生の長女は自分の部屋で、授業の動画を見ながらデジタル学習。

中学生の長男はゲームに夢中。

小学生の次男は、アニメ三昧。

そして、「テレビ派」の出演が休みになった私は寝室でテレビ&読書。

一つ屋根の下にいて、こうもみんなバラバラとは!

でも、自宅で各々好きな事をして過ごせるのも、

子供たちがある程度大きくなったからこそ。

長いおうち時間、私も、自分の時間を得たと思って、

かねてからやりたかったことに挑戦しようと決めました。

そして始めたのが…日本の歴史のマンガを読むこと!

実は、何年か前に、子供たちの勉強に役立つようにと全巻購入し、

いつか自分も読破したいと思っていました。

だって、私、恥ずかしいくらい歴史に疎いんです。

多分、小学6年生より分からない…。

中高時代の歴史の先生方、不真面目な生徒ですみませんでした。

そんなわけで、この休みは、コンプレックス解消だ~!

ゴールデンウイーク明けには、私、歴女になっているはずです( *´艸`)

 

さてさて、読書といえば、私の著書「ドタバタかいご備忘録」が、この度、増刷されました。

そもそも始まりは自費出版だったため、そんなに多く作っていなかったからなのですが、

想像以上にたくさんの方が読んでくださったおかげです。

備忘録を書くにあたって、「こんなにさらけ出して、どう思われるだろう…」と

不安もありましたが、暖かい感想をたくさんいただき、勇気を出してよかったと思いました。

本当にありがとうございます!

まだ読まれていない方は、おうち時間のお供にいかがですか?

 

 

 

不定期連載 ヒロシマ日記<31>N家の崩壊~ある被爆家族の記録~

去年リニューアルした広島の原爆資料館(新型コロナウイルスの影響で休館中)に、

「N家の崩壊」という展示があるのをご存知でしょうか?

被爆した家族の被爆後の苦悩と貧困を、12枚の写真で伝えています。

この度、広島テレビのドキュメンタリー番組「WATCH」は、

その「N家」の真相に迫りました。

 

被爆後、原因不明の体のだるさや痛みで働けなくなった主。

妻と死別し、5人の子どもを抱えての貧困生活…。

その苦しみは、いったいどれほどのものだったのか。

そして、この家族のありのままの姿を映した写真は、誰がどんな思いで撮影したのか?

さらに、被爆者の名前と遺品で被爆の実相を訴える資料館の中で、

あえて「N家」としたのはなぜなのか?

ある男性を取材する中で、真実が明らかになっていきます。

 

私は、番組のナレーションを担当しました。

原爆資料館の「N家の崩壊」の展示は、私も強く印象に残っていました。

日常を切り取った写真のインパクトと、この「N家」という表現に、

何か独特な存在感を感じたからです。

 

このドキュメントを是非ご覧いただき、

資料館再開後、「N家の崩壊」の展示に改めてご注目ください。

 

『WATCH N家の崩壊~ある被爆家族の記録~』は、

4月25日(土)深夜、日付が変わった午前0時55分から放送です!