テレビ派金曜日は女性コンビでお送りします!

先週金曜日のテレビ派をご覧になりましたか?

入社2年目の木村和美アナウンサーが、テレビ派金曜日の総合キャスターとして

新加入しました。

初々しかったでしょ?

実は本番前、あるハプニングがあったんです。

歳の近い澤村アナと西口アナが、励ましのメッセージを書いた紙を持って

スタジオにやってきました。

マツダスタジアムでカープファンがメッセージボードを掲げるように、

カメラの後ろから応援する作戦です。

それを見た木村アナ。

先輩の優しさに笑顔になるかと思いきや、目からは大粒の涙が…。

極度の緊張と、先輩たちへの感謝の気持ちが、ごちゃまぜになったんでしょうね。

メイクさんが慌てて化粧直しをし、本番へ突入したのでした。

徳光和夫さん並みに涙もろい(笑)、感受性豊かな木村アナに、今後もご期待ください!

 

広島テレビの夕方ワイド番組は、1993年、“柏村武昭のテレビ宣言“が始まりでした。

それから30年近くなりますが、女性アナがコンビを組むのは今回が初めての事。

実は私も、これまでにはない役割を仰せつかり、ひそかに(?)緊張していました。

私の理想は、今シーズンのカープの新人投手達と曾澤捕手のような雰囲気。

若さと一生懸命さ、将来性あふれるルーキーのピッチングを、

ベテランがどっしりと構え受け止める…

と言っても、正直、私は“どっしり”タイプではありませんが(汗)、

少しでも安心感を与えられるようがんばります!

 

テレビ派、月曜~木曜の森・馬場コンビも、金曜日の馬場・木村コンビも、

応援よろしくお願いします!! !

 

 

プロ野球開幕の日のテレビ派は“参加したくなるテレビ”

いよいよ、今週26日、プロ野球が開幕しますね。

去年はコロナ禍で3か月遅れの開幕だっただけに、

予定通り開幕の日が迎えられること自体が嬉しいですね。

とはいえ、マツダスタジアムは収容上限50%(16500人)。

チケットはすでに完売。

球場に応援に行きたくても行けない…と嘆いているあなた、

行けぬなら参加しようよ!ということで…

開幕の日のテレビ派は“参加したくなるテレビ”と題してお送りします!

目玉企画は「ワシが監督じゃ‼カープ開幕スタメン予想」

広テレアプリを使って誰でもどこでも参加でき(26日午後4時50分まで、すでに受付中)、

スタメン発表時に生答え合わせをします。

ピタリ賞3名の方には番組特製のカープ福袋をプレゼント。

他にも、球場さながらの気分で応援ができる新プロジェクトや、

番組中に広島の街をめぐる“カープ応援キャラバン”、

そして、開幕直前のマツダスタジアムの様子と開幕戦の見どころもしっかりお伝えします。

元祖カープ芸人とワイルドなドラゴンズ芸人も登場!

明後日、26日金曜日は、午後3時48分から、

テレビ派プロ野球開幕SP “参加したくなるテレビ”、

さらにそのまま、運命の開幕戦中継まで、ず~っと広島テレビでお楽しみください!!!

 

有難い日常

息子が中学校から持ち帰った「生徒指導だより」。

昨日、発生から10年となった東日本大震災に関するメッセージが印象に残りました。

要約すると…

 

『何気ない日常は「ありがたい」もの。

「ありがたい」を漢字で書くと「有難い」=「有ることが難しい」。

東日本大震災関連のニュースを見た時、何気ない日常が「有難い」と感じてほしい。』

 

思い出すのは10年前の娘の卒園式。

震災発生の数日後だったこともあり、参列者全員で黙とうをしました。

東北の子ども達は卒園式どころか、日常を奪われ、未来を奪われた子もいるんだなと

胸がいっぱいになりました。

 

「有難い日常」に感謝し、いざという時、大切な命を守る行動がとれるよう、

3月11日の教訓を後世に伝え続けたいですね。

あなたはどっち派⁉

新型コロナに対する広島県の集中対策期間が終了して10日が過ぎました。

“テレビ派”も、コメンテーターが同じスタジオから出演できるようになり、

それに伴い、出演者の間のアクリル板も新調。

間に仕切りがあっても、対面で話せる楽しさを実感しています。

 

視聴者の皆さんに広テレアプリから参加していただく「どっち派」のコーナーも再開。

みなさん、挑戦したことはありますか?

毎日、その日らしいテーマに選択肢を用意し「あなたはどっち派?」と投げかけています。

このコーナーでは出演者も、自身がどっち派なのかを発言するので、

世論を二分するようなホットなテーマや甲乙つけがたいものは、

本番ギリギリまで悩んでしまうことも。

先週で言えば「集中対策期間の解除の時期は、適当か?まだ早いか?」

今週では「広島城は木造復元すべきか、耐震補強にとどめるべきか?」といったテーマで

頭を悩ませました。

そういう意味では正直プレッシャーがかかるのですが、実は好きなコーナーでもあります。

それは、世の中には様々な意見があって、みんなが自分と同じ意見ではないという、

当たり前で大切なことに気づかせてくれるから。

時には自分が少数派のこともあり、結果発表で驚かされることもあります。

それでも、少数派が悪いわけではなく、多数派が正しいとは限らない。

それよりも、みんなが自分の意見を持ち、気兼ねなく発することができる世の中の

なんて素敵なこと!

そんな風に感じています。

 

さあ、今日はどんなテーマになるのやら…。

夕方の“テレビ派”をお楽しみに!!!

 

 

韓国ドラマ チョアヨ!

アンニョンハセヨ!

去年からずっと韓国ドラマ沼にはまり続けている馬場です。

今年になっても、「トッケビ」「マイディアミスター」「太陽の末裔」「ライブ」と完走。

そして昨日、「ミセン」を観終わりました。

「トッケビ」の時空を超えた愛にときめき、

「マイディアミスター」では大人の男性の誠実さに胸を打たれ、

「太陽の末裔」では恋人同士の小気味よい会話に魅了され、

「ライブ」では理不尽な社会で使命感を持ち続ける警察官に涙しました。

この度の「ミセン」も圧巻!

部下を思う上司の温かさ、自分の味方でいてくれる存在のありがたさ、

そして、人が人を理解する素晴らしさ…

今思い出しても、心がじ~んとしてきます。

 

韓国ドラマの特徴は、なんといっても長いこと!

どれも16話以上(1話も1時間以上)あって、

全てを観終わるのには体力と精神力が要ります。

だけど、長いからこその良さがあるんです!

まず、人と人の心の距離が近づいていく過程がすごく丁寧。

男女の愛も、二人が徐々に近づき、手が触れたり、顔が近づいたり、

キスをしそうでしなかったり…(笑)

男女の愛に限らず、親子の愛、きょうだい愛、同期愛、ご近所愛などなど、

様々な愛情が描かれるのも魅力です。

また、主役以外の登場人物の背景に迫れるのも、長編だからこそ。

人は皆、それぞれ何かしら悩みを抱えていて、

そんな十人十色の人々が出会い関わることで、大事なことに気がついたり

前を向けたりするのだと教えてくれます。

 

韓国ドラマに出会って、なんだかとても“人”が好きになりました。

韓国ドラマ、チンチャ チェゴ!!!

(韓国ドラマの影響で、チャミスルを飲むようになりました!)

我が家の居眠り姫⁉

突然ですが、授業中に居眠りをした経験はありますか?

だれしもありますよね。

ただ、それが度を超える場合、「不真面目」「やる気がない証拠」と

決めつけないほうがいいかもしれません。

実は、娘がそうでした。

7月の保護者面談で、先生から

「睡眠障害を疑ってもいいほど居眠りをしている」と指摘されました。

午前も午後も関係なく、ほぼすべての授業でうつらうつらしており、

常にぼーっとしているというのです。

思い起こせば、中学生の時もテストの最中に寝てしまったことがありました。

担任の先生から「テストの出来不出来より、最後まで起きていられるか心配」と

言われたことも。

当時は、テスト勉強を遅くまでやっていたからかなと思っていたのですが、

朝ご飯を食べながら寝てしまうことなどを考えると、

単なる眠気ではないと気が付きました。

 

ひとまず、夏休みを利用して生活リズムを整えることに。

毎朝同じ時間に起きて、同じ時間に寝ることを徹底しました。

休みの日ぐらいゆっくり寝かせてやろう…という考えもやめました。

単純な事ですが、これが思った以上に効果を発揮。

以前は学校から帰ると疲れてすぐに寝てしまい、

その分深夜に夜更かしをして勉強するという悪循環でしたが、

起きていられるようになりました。

そして、授業中の居眠りも、みるみるうちに減少。

毎晩、娘に「今日は眠くならなかった?」と確認するのですが、

「お昼ご飯の後が少しだけ眠かったけど大丈夫」とか

「今日は一度も眠くならなかった」など、明るい返事が聞けるようになりました。

成績はなかなか上がりませんが(汗)、

授業の内容が少しずつ分かるようになったそうで、とても嬉しいです。

生活リズムって、大事なんですね。

 

実は私も、高校時代は、授業中ほとんど起きていられませんでした。

一日中、眠気との戦いで、勉強も分からず辛い日々…。

放送部と好きな人がいたから通っていたようなものです(笑)

慢性的な眠気は、思春期や遺伝も関係していると言われます。

皆さんのお子さんは日中、眠そうにしていませんか?

どうぞ参考にしてください!

 

 

人生会議!YouTubeで配信中です!!!

「人生会議」という言葉を知っていますか?

もしものときのために、どんな医療やケアを受けたいかを前もって考え、

家族など信頼する人と話し合うことです。

命の危険が迫った状態になると、約70%の人が

自分で決めたり人に伝えたりすることができなくなると言われています。

そんな時は、家族など周りの人が本人に代わって決定していくのですが、

もしその人に希望がちゃんと伝わっていなかったら

望まない治療を受けることになったり、重い決断をゆだね悩ませたりしてしまいます。

 

実際に私の亡くなった母も、パーキンソン病と認知症で会話が難しくなった後に

「“胃ろう”というお腹に穴を開ける措置をするかしないか」とか

「延命治療としての人工呼吸器をつけるかどうか」など様々な医療の選択に迫られ、

母の代わりに決断しなければならない私は本当に悩みました。

母が元気なうちに、医療に対する価値観や思いを聞いておけばよかったと後悔しました。

 

そんな人生会議をテーマにした動画が、今、YouTubeで配信中です

題して「人生会議!もしもの時のために話し合おう」です。

実は私、この動画に、ミスター赤ヘル、山本浩二さんと一緒に出演しています。

山本さんは一昨年、がんを宣告され手術、闘病生活を余儀なくされました。

動画の中では、病気が分かった時の気持ちや闘病中の苦労、家族の支えなどについて

詳しく語っています。

私は、著書「ドタバタかいご備忘録」にもなった母の介護経験と、

介護を通して感じたことを話しました。

どちらも、テレビではあまり触れることのなかった内容だと思います。

人生会議については、野島内科医院の野島秀樹院長が丁寧に解説しています。

 

将来、自分自身、そして家族など大切な人たちが困らないために…

「人生会議」について、どうぞ知ってください。

 

広島市南区市民公開講座「人生会議!もしもの時のために話し合おう

~山本浩二さんと馬場のぶえさんの体験談を聞きながら~」は、

来月31日までYouTubeにて期間限定配信中です!

 

エンタメの灯を消さない…~コロナ禍の音楽~

パララララッパ パーラパーラーラーラー♪

“テレビ派”のテーマ曲「clover」。

聴けば夕方を思い出すと言っていただけるほどキャッチ―で、

テレビ派の楽しい雰囲気を演出してくれています。

曲を手掛けているのは、広島を拠点に活動している、

サックスとエレクトーンのインストゥルメンタルユニット「大瀬戸千嶋」です。

サックス担当の大瀬戸さんは、木曜日のコメンテーターとしてもおなじみ。

毎週脳トレに苦労しながら(私に言われたくない!?)、

明るいキャラクターで番組を盛り上げてくださっています。

 

広島テレビが、月に一度お送りしているドキュメンタリー番組「WATCH」。

今月のテーマは「エンタメの灯を消さない…~コロナ禍の音楽~」です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの音楽イベントが中止になり、

音楽業界は窮地に立たされています。

今年で結成15年を迎える「大瀬戸千嶋」も例外ではなく、

去年1年間で70公演以上が中止に。

活動休止を考えるほどに追い込まれました。

番組ではそんな彼らが、試行錯誤をしながら、

なんとかして演奏を届けようとする姿を追っています。

そこには、ファンのため、音楽仲間のため、

そして広島の音楽の灯を消したくないという強い思いがにじみます。

 

私はナレーションを担当しました。

声を入れながら、彼らのひたむきさに胸を打たれ、ますますファンになりました。

放送は今週土曜日(1月30日)の深夜、日付が変わった午前1時5分からです。

どうぞご覧ください!

 

不定期連載 ヒロシマ日記<37>「核兵器禁止条約」発効間近

明後日、1月22日、「核兵器禁止条約」がついに発効されます。

核兵器の使用、保有、威嚇などすべてを禁じるもので、初めて国際法で違法化されます。

ヒロシマの願い、特に、つらい記憶を身をていして伝えてきた被爆者の方々の悲願が、

1つの形となる歴史的な日です。

 

現時点で、条約を批准した51の国・地域に核保有国は含まれず、

有効性を疑問視する人もいます。

でも、未来のことなど誰にもわからないし、私は、発効前から諦めたくありません。

韓国のことわざに「始まりが半分」という言葉があります。

何事も始めれば、すでに半分達成したようなもの、

つまり、始めることはそれだけ大切だという意味です。

これを機に、核兵器廃絶への国際世論が高まれば、

核保有国も全く無視はできないはずと信じています。

 

そして、日本政府には、核兵器禁止条約に本気で向き合うことを始めてほしいです。

「アプローチが違う」として、日本はまだ、署名も批准もしていません。

広島に住む者として、そのこと自体も残念ですが、

それ以上に、この条約に言及することすら消極的なのが悲しいです。

唯一の被爆国として核廃絶を訴えながら、安全保障上、アメリカの核の傘の下にいる矛盾は、

一朝一夕には解消できないのでしょう。

それでも、核兵器の恐ろしさをどこよりも知っている国だからこそ、

どうしたらこの条約に力添えができるのか真剣に考えてほしいです。

広島市と長崎市は日本政府に対し、条約発効から1年以内に行われる締約国会議に

オブザーバーとして参加することを望んでいます。

日本が核なき世界に向けて、新たな一歩を踏み出すことを期待します。

 

インスタ始めました!

更年期にめげず(笑)画策中!と、以前のブログでお伝えしていた“新たなチャレンジ”が

ついに動き出しました!

そのチャレンジとは…

 

インスタ、始めました!!!

 

もしかして、な~んだ、その程度?って感じ???

いえいえ、“更年期の”手習い、しかも、

SNSというものに未だ怖さを感じている昭和な私には、勇気のいる一歩だったんです。

 

分からないことだらけですが、とりあえず始めてみました。

プロフィールの書き方は、敬愛するフリーアナウンサーの有働由美子さんのインスタを

参考にさせていただきました。

プロフィール写真がモノクロなのはそのためです( ´艸`)

 

プライベートのインスタなので、

会社のブログでははばかられるような、たわいもない事も載せていきたいと思います。

よかったらのぞいてみてくださいね!