不定期連載 ヒロシマ日記<37>「核兵器禁止条約」発効間近

明後日、1月22日、「核兵器禁止条約」がついに発効されます。

核兵器の使用、保有、威嚇などすべてを禁じるもので、初めて国際法で違法化されます。

ヒロシマの願い、特に、つらい記憶を身をていして伝えてきた被爆者の方々の悲願が、

1つの形となる歴史的な日です。

 

現時点で、条約を批准した51の国・地域に核保有国は含まれず、

有効性を疑問視する人もいます。

でも、未来のことなど誰にもわからないし、私は、発効前から諦めたくありません。

韓国のことわざに「始まりが半分」という言葉があります。

何事も始めれば、すでに半分達成したようなもの、

つまり、始めることはそれだけ大切だという意味です。

これを機に、核兵器廃絶への国際世論が高まれば、

核保有国も全く無視はできないはずと信じています。

 

そして、日本政府には、核兵器禁止条約に本気で向き合うことを始めてほしいです。

「アプローチが違う」として、日本はまだ、署名も批准もしていません。

広島に住む者として、そのこと自体も残念ですが、

それ以上に、この条約に言及することすら消極的なのが悲しいです。

唯一の被爆国として核廃絶を訴えながら、安全保障上、アメリカの核の傘の下にいる矛盾は、

一朝一夕には解消できないのでしょう。

それでも、核兵器の恐ろしさをどこよりも知っている国だからこそ、

どうしたらこの条約に力添えができるのか真剣に考えてほしいです。

広島市と長崎市は日本政府に対し、条約発効から1年以内に行われる締約国会議に

オブザーバーとして参加することを望んでいます。

日本が核なき世界に向けて、新たな一歩を踏み出すことを期待します。

 

インスタ始めました!

更年期にめげず(笑)画策中!と、以前のブログでお伝えしていた“新たなチャレンジ”が

ついに動き出しました!

そのチャレンジとは…

 

インスタ、始めました!!!

 

もしかして、な~んだ、その程度?って感じ???

いえいえ、“更年期の”手習い、しかも、

SNSというものに未だ怖さを感じている昭和な私には、勇気のいる一歩だったんです。

 

分からないことだらけですが、とりあえず始めてみました。

プロフィールの書き方は、敬愛するフリーアナウンサーの有働由美子さんのインスタを

参考にさせていただきました。

プロフィール写真がモノクロなのはそのためです( ´艸`)

 

プライベートのインスタなので、

会社のブログでははばかられるような、たわいもない事も載せていきたいと思います。

よかったらのぞいてみてくださいね!

嵐がくれた青春

嵐が活動休止に入り、間もなく2週間…

休止前最後のオンラインライブの感動は今も冷めやりません。

先週末はリピート配信もされましたね。

私は、大晦日に、テレビ放送を見る家族を尻目に、ひとりパソコンで視聴しました。

といっても、嵐ファンの友人とラインで感想を送りあいながらだったので

心は一人じゃなかったです(*^^*)

 

無観客でもファンとつながる仕掛けや、

ライブ恒例のファンのリクエストに応える演出など、

嵐らしいおもてなし精神が満載のライブ!

無観客を逆手にとって組んだという、スケールの大きなセットも見応え十分でした。

選曲にもメッセージ性を感じました。

デビュー間もない頃の曲が、不思議と休止前の気持ちにマッチしているんです。

そして、そんな懐かしい曲を大人になった彼らが踊る新鮮さも、

結成21年の歴史を感じました。

ライブの最後を締めくくったのは、「Love so sweet」。

私が母の介護で悩んでいた頃に「明けない夜はない!」と励ましてくれた、

一番大好きな曲です。

感慨深く聴きました。

 

5人がこうして一緒にステージに立つことはしばらくないんだなと思うと

やっぱり寂しく、本人達はもっと寂しいだろうなと想像すると切なさが込み上げました。

それでも、ライブを見終わった後は、

嵐のファンで本当によかった!長年、元気をくれた5人に、ただただありがとう!

の気持ちでいっぱいになりました。

 

互いを尊敬し、信頼しあい、確かな絆でつながった最高の5人!

彼らが巡り会った素敵な奇跡を、ファンとして見届けられたことがなにより嬉しいです。

嵐と過ごした年月は、私にとってまさに青春でした!!!

自立

我が家では昨日から、子供たちの新学期がスタートしました。

娘のお弁当作りも2週間ぶりに再会。

昨日は、冷凍しておいたおせちの残りをフル活用し、

慣らし運転ならぬ、慣らし弁当作りとなりました(笑)

また、ラッシュ時間帯の登校を避け、始業時間が1時間遅くなっているため、

比較的余裕を持って作れるのがありがたかったです。

 

ところで、新学期最初の登校は、色々と持っていくものが多いですよね。

冬休みの宿題、きれいにした上履き、中身を補充した道具箱、雑巾などなど…。

親も、子供が忘れ物をしないよう、気を遣います。

そんな中、今年、我が家の3年生の次男に大きな成長がありました。

親の手を借りず、自分で宿題の丸付けと直しをすませ、

“持っていくものリスト”を見ながら一人で準備を済ませたのです。

私がしたことといえば、

リストにあった「連絡帳」という漢字が読めないというので読んでやったのと、

雑巾を棚から出してやっただけでした。

出がけには、図書館で借りていた本の存在に自ら気づく完璧さ。

我が子ながら、感心しました。

高1の長女と変わらない自立ぶりです。

一方で、中学1年生の長男は、「大丈夫、大丈夫」と口では言いますが、

前日の夜になって、あれがない、これがないと探し物をしているし、

給食があるのか聞いても「分からない」って、どういうこと?

昔、長男も次男も担任をしてくださった保育園の先生が

「兄弟でも、全然性格が違いますね~」と驚いていたのを思い出します。

 

という私も、実は未だに忘れ物が多く、

いつもスマホをどこに置いたか探しているのですが…(汗)

私に似たのは、間違いなく長男のようです。

2021年、老け込むのはまだ早い⁉

あけましておめでとうございます!

今年も広テレ&テレビ派&ドタバタいくじにっき&

馬場のぶえもよろしくお願いします!

 

テレビ派は今日から、お馴染みのセットでの放送が始まります。

一昨日、昨日は別スタジオからお送りしましたが、

新年早々、いっぱいミスをしてしまいました。

ご覧になっていた皆様、申し訳ありません。

 

「普段と違う環境でも平常心で!」

…一昨年“ミヤネ屋”に出演した時の反省が未だ克服できず、落ち込んでいます。

こんな時、「だんだん舌も頭も回らなくなるんよね…」と、

なんでも歳のせいにしてしまいがちな今日この頃。

そんな私を一喝するような年賀状が、大学の同級生から届きました。

「この秋に二人目を出産して、家族が増えました!」との文字!

びっくり!!!

私と同い年!すごい!

とても嬉しくて、勇気をもらいました。

老け込むのはまだ早い!

そんなわけで、今年は更年期もなんのその(笑)、新たなチャレンジを画策中。

またお知らせしますね!

年末年始のオススメ

今年もあと1週間ほどとなりましたね。

新型コロナウイルスに振り回された1年でしたが、一方で、

思いがけず家族で過ごす時間が増えたり、自分自身を振り返るきっかけになったりと、

「捨てて得る」(何かを捨てる時は、何かを得ている)を実感した日々でもありました。

 

そんな中、私の2020年を漢字一字で表すと…

 

「韓」

 

というくらい、韓国ドラマにハマりました。

「愛の不時着」で扉を開き、「梨泰院クラス」で背中を押され、

「椿の花咲く頃」というドラマで、完全に引き返せなくなりました。

この「椿の花咲く頃」がまた、とんでもなくいいんです!

小さな田舎町でバーを営みながら女手一つで息子を育てる女性と純朴な巡査の恋を、

連続殺人事件というサスペンスを織り交ぜながら描いているのですが、

巡査“ヨンシク”の真っすぐで気どらない愛情表現がたまらない♡

人生、地位や名誉より、自分のことを心から愛してくれる人が一人でもいれば、

十分幸せなのではないかと思わされます。

私、こんなにドラマの中の男性に惹かれたのは、東京ラブストーリーのカンチ以来です(笑)

年末年始に何をしようかと考えている方、オススメですよ!

 

そして、オススメと言えば、今週26日深夜放送のドキュメンタリー番組WATCH

「残してください 被爆ポンプ」です。

去年の原爆の日のテレビ派で、JR広島駅近くにある“被爆ポンプ”をご紹介しました。

戦後の広島の復興を見続けてきた、その手押しポンプを守ろうとした被爆2世と、

被爆ポンプを絵本にした小学生、絵本をきっかけに被爆体験を語りだした被爆者のお話です。

私はナレーションを担当しました。

一人の行動は、他の誰かを動かし、それが、また誰かの行動につながっていく…

受け継がれるヒロシマを感じてください!

今週土曜日(12月26日)の深夜、日付が変わった午前0時55分からの放送です。

是非ご覧ください!

(小学生が作った絵本「ひばくポンプ」)

 

そっくりさんマスク

昨日、テレビ派6時台で紹介した、「そっくりさんマスク」。

福山市で衣料品の全般的サービスを担うお店“ロウエン”が手掛ける、

オーダーメイドマスクです。

子ども達を驚かせよう!と家で装着すると、子どもは意外とクールで、

夫が一番驚いていました(汗)

 

ちなみに、こちらの写真、マスクの下はあえて無表情で全く笑っていません。

目が笑ってなくても、笑顔に見える!

いつだって機嫌が良さそうなマスクです(^^)

 

英単語の覚え方

懐かしいでしょ!

単語帳。

これは、現在高校一年生の娘のものです。

一昨日の夜、娘がこの英単語帳を持って「お母さん、なんかいい覚え方ない?」と

私のところにやってきました。

テスト前夜になって聞いてくる時点で、成績はあまり期待できませんが(笑)、

私もついでに覚えようと思い、付き合った結果、深夜1時半までかかってしまいました。

insult…侮辱する

「ほら、inって意味でしょ。sult(サルト)はみたいな発音だから、

中身は猿みたいなやつだなと侮辱するって覚えれば?」

inferior…劣った

feriorってフェリーみたいな発音だから

え?フェリーで行くの?俺は泳ぐぜ!おまえ、体力劣ってるねーはどう?」

こんなめちゃくちゃな暗記法、よくないんでしょうが、覚えられないんだもん(泣)

英単語ってどうやって覚えればいいんでしょう

だれか教えて〜!!!

不時着しちゃいました♡

先日、今年の流行語大賞が発表されましたね。

「3密」

以前、息子の中学校の試験でも、意味を問う問題が出されたほど。

納得の1位です。

ちなみに息子は「3人で密になること」と誤答。

母親の私が毎日テレビで発信していても、わが子には伝わっていなかったのかと、

お恥ずかしく思った出来事でした(-_-;)

 

それはさておき、皆さんにとっての今年の流行語はなんでしたか?

私は…「愛の不時着」!!!

韓国の女性と北朝鮮の将校の恋を描いた韓国ドラマです。

トップテンにも入っていましたね。

“テレビ派”の中でも話しましたが、こんなに泣いたドラマは初めて!

切ない涙、感動の涙、そして胸がきゅんとしても涙が流れました。

全16話もあって、一話一話も長い(最終話はなんと2時間弱!)のですが、

私、2周してしまいました。

ヒョンビンさんにはもちろんメロメロで(笑)、脇を固める役者さん達も愛嬌たっぷり。

ストーリーもセリフも音楽も大好きすぎて、夢にまで出てきます。

普段の生活の中でも、淹れたてのコーヒーを見ては思い出し、

アロマの香りで思い出し…(笑)

観た方は分かってくれますよね?

 

このハマり方は、“嵐”を好きになった時と似ています。

あの頃も、なにを見ても嵐、嵐で、

信号を見ても「大野くんと二宮くんと櫻井くんが並んでいる」と思い(ファンには分かる?)、

世の男性を「嵐でいうなら〇〇くん」と、勝手に5つのタイプに分けていましたから(笑)

 

いずれにせよ、夢中になれるものがあるって幸せ♡

韓国ドラマと嵐の生配信ライブのおかげで、年末のお休みがと~っても楽しみです!

(先日の“テレビ派”スタジオでの1枚。相葉くん色のニットで♡)

 

広テレとNHK広島が再びタッグを組みます!

この写真を見て、何かひっかかるな~と思ったあなた!

するどいですね~!

このツーショット、結構レアなんです。(笑)

私のお隣に立つのは、NHK広島放送局「お好みワイドひろしま」の松尾剛さん。

そう、私が出演する「テレビ派」の裏番組のメインキャスターでいらっしゃいます。

本来なら同じ画面に映ることのない二人が、この度、一緒にロケをしました。

 

昨年から始まった、広島テレビとNHK広島のコラボレーション企画、

覚えてくださっていますか?

5回目となる今回は「被爆75年 ヒロシマの記憶を伝える」をテーマにお送りします。

松尾さんとは被爆建物を巡ったのですが、

広島に長く住んでいても知らなかった、目からうろこの事実を

たくさん知ることができました。

是非見ていただきたいです!

 

今年4月から、単身で広島に赴任されたという松尾さん。

週末に自ら具沢山のスープを作ってストックし、毎日のお弁当にしているそうですよ。

そんなプライベートな話も気さくにしてくださる、楽しい方でした。

 

民放と公共放送の垣根を越えたコラボレーションは、今月30日(月)の放送予定です。

お見逃しなく!!!