ドタバタかいご備忘録㉗ 嫉妬妄想

老人ホームでの母の問題行動はその後も続きました。

施設の冷蔵庫を勝手に開けるとか、

自分の物があるのに他の入居者さんのティッシュペーパーを

「これくらいいいでしょ」と言って使うなど、

周りの人に迷惑をかけることも目立ってきました。

ただ、記憶力は正常だったので、この頃はまだ認知症の症状とはみなされず、

「あなたのお母さんの頭の中は一体どうなっているんですか?」と言われてしまうことも

ありました。

 

そんなある日、決定的な事件が起きました。

当時、母にはボーイフレンドがおり、よく老人ホームを訪れてくれていました。

施設の方々も、準家族のようにとらえていて、

母の介護についてその方に相談することも増えていきました。

自分のいないところでケアマネージャーとボーイフレンドが話すことを

苦々しく思っていた母は、驚きの行動をとりました。

ケアマネージャーの自宅に電話をし、ご主人に向かって

「あなたの奥さんは、浮気をしています。」と訴えたのです。

私は、恥ずかしいやら申し訳ないやらで、

この時ばかりは、施設に合わせる顔がないと思いました。

後で分かったことですが、この嫉妬も実は認知症からくるものでした。

認知症の症状の一つに「妄想」があり、

自分がどこにしまったかわからなくなった物を「盗まれた」と思いこむ物盗られ妄想や、

被害妄想、そしてこの嫉妬妄想などがあげられます。

しかし、それを理解していなかった私は、母に対して

「お母さんの事を真剣に考えてくれているのに、なぜ分からないの?

恩を仇で返すようなことをして信じられない!」と強く非難したのでした。

 

この頃から、母は、別の老人ホームへ移ることを考えるようになり、

自ら、新たな入居先を見つけてきました。

こうして、初めての老人ホームでの生活は、わずか数カ月で終わりを迎えたのです。