ドタバタかいご備忘録㊴ 体重増加計画

医師の勧めを断るのは勇気がいるものです。

胃ろうを拒んで、もし母に万が一のことがあったら本末転倒ではないか…とも悩みました。

それでも、私は、母の可能性にかけたいと伝えました。

医師には、「この先、体重が35キロを下回った際には、胃ろうを行わざるを得ない」と

忠告されましたが、ひとまず様子を見ることが許されました。

その日から、私は、母の体重を増やすことを一番に考えるようになりました。

母に会いに行く日は、飲み込みやすいゼリー飲料や、プリン、ヨーグルトなどを

いくつも買って持参。

カロリーが1キロカロリーでも高い物を選びますが、

一袋せいぜい200キロカロリーくらいで、

高カロリーの物を探すのはこんなに大変なことかと気付かされました。

施設の看護師は、医療用の高カロリー飲料をゼラチンで固めて食べやすくし、

毎日出してくれました。

介護士の皆さんも、「今日は、ゼリーを3分の2まで、食べることができました。」とか、

「プリンを気に入って、全部食べられたんですよ!」などと、詳しく報告してくれました。

そんな周りの思いが伝わったのか、母に大きな変化が表れました。

「食べなければ!」という意欲が見え始めたのです。

一つ一つ課題に取り組むかのように、一口一口、一生懸命に食べる母…

私はそんな姿を見て、母を心から愛しく思いました。

その後、母の体重は徐々に増加。

なんとか39キロまで戻すことができ、胃ろうの話は立ち消えとなったのです。