心の支援

先週、西日本豪雨の被災地である広島市安佐北区白木町と、

竹原市東野町を取材しました。

安佐北区白木町は、犠牲者はいませんでしたが、

川の氾濫でJR芸備線の鉄橋が流されていたり、

県道の片側が崩れ通行止めになっていたりと、災害の爪痕がいたるところに見られました。

床上浸水した家では、水につかった家具などを庭に運び出していました。

中には、亡くなったお母さんの嫁入り道具だった箪笥も。

乾かしても泥の匂いが取れないため、廃棄するしかないそうです。

大切な思い出までも奪う災害の非情さを感じました。

 

竹原市東野町は、土砂崩れでお1人の方が亡くなっています。

豪雨から10日以上経っても、麓の一帯は、大木と岩と土砂で埋め尽くされていました。

「東野の状況を知ってほしい」とテレビ派に情報を下さった方に

お会いすることができました。

私達取材クルーを目にした瞬間、感極まっていらっしゃったのが印象的でした。

土砂の撤去を手伝えるわけでもなく、ただ取材することしかできない自分に

無力さと申し訳なさを感じていましたが、

被災された方にとって、現状を広く知ってもらうこと自体が力になるのかもしれないと

気付きました。

被災地に目を向け続け、被災者に思いを馳せ続けることも、心の支援になりそうです。