弁当作り

娘が高校生になり、ついに始まったことがあります。

毎朝の弁当作りです。

料理がそれほど得意ではない私。

高校進学にあたって、正直、一番恐れていたのがこれでした。

朝、寝坊せずに起きられるか。

時間内に作れるか。

おかずのレパートリーは大丈夫か…。

不安を数え上げたらきりがありません。

 

娘は朝7時過ぎに家を出るので、私は6時に起きて弁当を作り始めます。

メイン(たいてい肉料理)を決めて、卵料理と緑の野菜、ミニトマト、

あとは、焼き鮭や練り物など魚類を入れて、

それでも隙間があったらミニゼリーやお団子などスイーツで埋める!

ご飯には、娘の好きな梅干し入りのふりかけをたっぷりと。

これが私の基本です。

単純ですかね…?

この程度でも毎朝必死なんですよ。

私語をつつしんで…というか、しゃべっている場合じゃない!

時間ギリギリに作り終えては、「間に合ってよかった~」とホッと胸をなでおろす日々です。

こんなに余裕がないのって私だけでしょうか?

 

実は、娘の分と一緒に自分の分も作って、お昼は全く同じ内容の弁当を食べています。

コロナ禍で外食がしにくかったこともありますが、一番は味のチェックのため。

「味付けが濃かったな」とか「バランスが悪かったな」などと反省して、次に生かします。

夜、娘に「今日のはちょっと失敗だったね~。ごめん。」と謝ると、

「あ~、でも大丈夫よ。おいしかったよ」と、いつも慰めてくれるので救われます(*^^*)

 

ところで、そんな私が今気に入っているお弁当メニューがあります。

山口名物「瓦そば」弁当です。

「茶そばの色が秋らしい!」と、夏場によく作っていた冷やし中華弁当に代わり、

挑戦してみました。

ソバを焼くのでくっつきにくいし、甘辛い牛肉をのせるのでボリュームもグッド!

本来はつゆにつけて食べるのですが、食べる直前につゆをかけても十分おいしいです。

マンネリ回避と時短にもなってお勧めですよ!