月別アーカイブ: 2014年4月

テレビ派IN宮島

昨日のテレビ派。

私は久しぶりにスタジオを飛び出し、宮島からの生中継を担当しました。

いつもは回答する側の街角脳トレも出題する側に!

番組を見た娘に、

「脳トレの司会は、お母さんより、いつもやってる小野君や松本さんのほうが上手じゃね」

と言われてしまいました(汗)

面目ない(^_^;)

 

ところで、昨日の私は艶やかに、着物での登場となりました。

写真 2 (1)

決して2度目の成人式が近づいているからではなく…

宮島に先月オープンしたレンタル着物のお店「みやじま 紅葉の賀」でお借りし、

着付けもしていただきました。

写真 (3)

こちらでは、平安のお出かけスタイル「壺装束」のレンタルもありますよ。

着物で宮島観光、粋ですよね~。

 

それにしても、宮島は日進月歩。

行くたびにおしゃれなお店や新しいグルメが増えている気がします。

今回ご紹介した、「瀬戸内グリルじぱんぐ」のぱりぱりみやじまんじゅうもオススメ!

刻んだもみじまんじゅうと生クリームを春巻きの皮で包み、パッリパリに揚げています。

中のもみじまんじゅうは、老舗「岩村もみじ屋」さんのものだとか。

おいしいはずです。

 

甲冑姿の宮島侍にも番組を盛り上げていただきました!

宮島の皆さん、ありがとうございました!!!

はじめてのかけっこ

昨日、保育園のミニ運動会で、次男が生まれて初めてのかけっこに出場しました!

 

スタート前にはインタビューも。

「○○くん」と自分の名前がちゃんと言えました(*^_^*)

 

そして、よーいドンの掛け声で、レースがスタート。

2歳の子が、真っ直ぐ走れるのかしら?

かけっこの意味、分かっているのかな?などとちょっぴり心配しましたが、ノープロブレム!

遊んでいる時みたいなニコニコ笑顔で、走り切りました。

といっても、わずか5メートルほどの距離ですけどね(^_-)

 

あっという間のレースでしたが、スタートが遅れたお友達を気にかけたり、

観客席の私とおばあちゃんに目をやったり、ゴール地点の先生の胸に飛び込んだり…

初めてのかけっこは、3人中2位ながら、かわいさ百点満点でした!!!

 

写真 (2)

(↑ ゴールの瞬間)

結婚記念日に胸キュン

今月初めの結婚記念日、長女から手紙をもらいました。

写真 1

中身はこうです。

写真 2

『けっこんきねん日おめでとう。

今日で、けっこん11年目だね。

11年前の今日、お二人はけっこんしたんでしょ。

わたしもけっこんしきに行きたかったなあ。

今日の夜、けっこんしきのことをいろいろおしえてね。

大すき!』

 

「お二人は」というかしこまった言い方と、

「わたしもけっこんしきに行きたかったなあ。」という無邪気さに、

何度読んでもじ~んときてしまう私です。

 

ピカピカの…

ついに、長男がピカピカの一年生になりました!

つい先日まで保育園の園児服を着ていた長男が、

新品の制服に身を包みランドセルを背負えば、一年生らしくなっちゃうから不思議ですね。

ついでに、誰よりも似合って見えます(笑)

写真 (1)

長女が一年生になった時と比べて、より幼く感じる長男ですが、

入学式では大きな声で返事をし、「いちねんせいになったら」を元気に合唱。

成長したな~と、目頭が熱くなりました。

 

入学式の翌日から早速授業がスタート。

丸くなった鉛筆の芯や、少しすり減った消しゴムを見ると、新しい環境で健気に頑張る長男を思い、

愛しさが募ります。

私も夫も、「授業はどうだった?」「休み時間は?」「お友達とは何を話した?」など、毎晩質問攻め。

返ってくる「たのしかった」の言葉が、プレゼントのように嬉しい今日この頃です。

 

もう一つの卒園証書

先月末、保育園の卒園式で卒園証書を授与された長男。

実は、もう一枚、こんな「そつえんしょうしょ」を受け取っていました。

 

写真

 

3歳違いのお姉ちゃんからの「そつえんしょうしょ」。

弟が自分で読めるように、全部ひらがなです。

『あなたはひっこしもあったにもかかわらず、げんきにほいくえんにいきました。

そしてぶじにそつえんしました。

ほいくえんにいられたのは3ねんかんというみじかいじかんでしたが

ほんとうによくがんばりました。

しょうがくせいになっても、げんきにたのしくがっこうせいかつをおくってくださいね。』

…きょうだい愛に、感動です(*^_^*)

長男の卒園式

3月25日は、長男の卒園式でした。

卒園式のメーンといえば、卒園証書の授与。

一人ずつ名前を呼ばれ、大きな返事をして登壇し、園長先生から受け取ります。

しっかりとしたお辞儀にきびきびした動き。

成長ぶりに目を細めていると、見どころはその後に。

そのまま客席の方に振り向いて、証書を高々と掲げると、将来の夢を発表したのです。

長男の夢は…「ぼうけんかになりたいです。」

ぼ、冒険家?

ウルトラヒーロー好きな彼のこと、ウルトラマンギンガの主人公と同じ夢を抱いたようです。

本人いわく、「アメリカとかいろんながいこくをたびしたい」とのこと。

それは旅人じゃないか?とつっこみが入りそうですが、「少年よ大志を抱け」ですね。

さらに、受け取った証書を手に、親に直接感謝の気持ちを伝える演出が。

私の元へやってきた長男は、こんな言葉をプレゼントしてくれました。

「いつもやさしくしてくれてありがとう。」

まるでひそひそ話をするかのようなささやき声。

それも、私と目を合わさずに恥ずかしそうに話す姿がなんとも愛しくて、思わず涙がこぼれました。

「どういたしまして。ありがとう。」と頭をなでてやった時の嬉しそうな顔も、たまらなくかわいかったです。

式の後には、先生方から子供たちへ涙ながらにはなむけの言葉が贈られました。

深い愛情を感じ、この時が一番泣いてしまいました。

親子ともども、かけがえのない思い出をたくさん頂いた保育園。

この場を借りて…本当にありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA