月別アーカイブ: 2014年11月

わが子の好きなもの、知ってますか?

小学4年生の娘が学校から持ち帰ったプリント「スキスキ・ランド」。

「生き物」「本」「テレビ番組」などのテーマごとに、

自分の一番好きなものを書く授業があったそうです。

0

こうして見ると、わが子のことでも、意外と分かっていないものですね。

「おでんのだいこん」そんなに好きだったの?

「学校の帰り道を歩いている時」は、いろんな空想ができるから好きなのだとか。へぇ~!

 

中でも、「におい」の項目には笑ってしまいました。

suklnanioi

「番茶」を沸かす時の香りが大好きだそうです。

うん、うん。分かる分かる。

10歳にしては、しぶいね~(^^)

お弁当ギャップ!!!

先日、長男に弁当を作って持たせた日の事です。

学校から帰った長男が、衝撃の発言をしました。

 

長男:「今日のお弁当、僕以外の男の子はみんなキャラメルだったよ!」

私:「え?キャラメル???」

長男:「みんな、ご飯が妖怪ウォッチの顔になってたよ。」

私:「・・・それって、キャラ弁のこと?」

長男:「そうそう、キャラ弁、キャラ弁。」

 

キャラ弁をキャラメルと言い間違えたのは、長男らしいご愛嬌として(汗)、

私が驚いたのは、みんながキャラ弁だったという発言。

「うそ~!みんなってことはないでしょ?」といぶかしがると、

「ほんとだよ。キャラ弁じゃなかったのは、男の子は僕だけで、

女の子は〇〇ちゃんと〇〇ちゃんだけだよ。」と具体的な答えが返ってきました。

そばで聞いていた夫が、

「そういえば、最近、低学年の男の子の弁当の9割近くがキャラ弁らしいよ。」と一言。

 

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~~~~~!!!!!!!!!!

 

世の中、そんなことになっていたの?

キャラ弁って、てっきり、一部の器用なお母さんがやるものだと思っていたのに、

今はそっちの方が主流だなんて(・。・;

ジェネレーションギャップならぬ、お弁当ギャップを感じた私でした。

 

ところで、弁当といえば、今月初め、東広島市の高屋中学校で行われた

弁当コンテストにお邪魔しました。

中学生自らが考えたお弁当を、制限時間内に作り競うコンテストです。

料理のアイデア、味付け、盛り付けなど、どれをとっても大人顔負け。

弁当作りの参考になりました。

この模様は、今月29日(土)10時30分から放送の

「作って食べよう!ひろしま弁当キッズ3」の中でお送りします。

是非、ご覧ください!

bentounohi

(どれも中学生が作ったお弁当です。スゴイ!!!)

お父さん株 急上昇

小学1年生の長男が今、大切にしているもの。

それは…人気アニメ、妖怪ウオッチの妖怪たち。

youkai

といっても、ご覧のとおり手描きの妖怪です。

実は、妖怪で戦いごっこをするのが、友達の間で流行っているのですが、

学校に市販の妖怪グッズやパソコンでプリントアウトしたものを持っていくのはNG。

手描きのものだけが許されているのです。

となれば、いかに上手に、アニメそっくりに描くかが重要というわけで、

我が家では、絵の得意な夫が大活躍。

IMG_0272

こちらは、その夫が描いた「キュウビ」という妖怪。(子供が遊びすぎてボロボロですが(^_^;))

人をキュンとさせる妖怪だそうです。

製作時間は、色をつけて切り抜くまでを合わせると1時間くらいかかっていました。

そこまで本気にならなくても…と思いましたが、子供は「おとうさん、すごい!」と大絶賛。

友達からも羨望の的だったと聞き、すっかり気をよくした夫は、

休みのたびに、ネット上の画像とにらめっこしながら妖怪を描いています。

お父さんの株が、妖怪のおかげで急上昇です。

大瀬戸千嶋!

先週の日曜日、広島発のインストゥルメンタルユニット、大瀬戸千嶋のライブ「Transmission」に

行ってきました。

サックス奏者の大瀬戸嵩さんとエレクトーン奏者の千嶋里志さんによる、

結成8周年の記念ライブです。

会場はアステールプラザ大ホール。

結成当時は7人の観客からスタートしたという彼らが、ついに千人のファンを集めて

ワンマンライブを実現したのです。

大瀬戸千嶋の代表曲といえば、私が出演する「テレビ派」のテーマ曲「clover」。

「タラララッタ ターラ ターラーラッラー♪」(分かる人には分かってもらえますよね(^_-))で始まる

あの曲です。

今回のライブでも、もちろん演奏してくれましたよ!

つくづく、テレビ派の明るいイメージに欠かせない、本当にいい曲だと再確認しました。

他にも、テレビ派の兄弟番組「テレビ派ランチ」のテーマ曲「HappyTime」や広島県食育テーマ曲など、

ノリノリのポップな曲からしっとり聴かせるクラッシック調の曲まで全15曲を披露。

それぞれの演奏の前には、どんな思いでその曲を作ったのか、エピソードも語られ、

ストーリーを感じながら聴くのが楽しかったです。

才能あふれる曲の数々に生演奏の迫力、そしてボケと突っ込みのような絶妙なトークで、

2時間があっという間でした。

なにより、彼らの音楽に対する情熱と、応援してくれる人たちへの感謝の気持ちがものすごく伝わって、

ますます応援したくなりました。

「がんばってね!」と何回も独り言を言っちゃったくらいです(*^_^*)

大瀬戸千嶋のライブ、オススメです!!!

unnamed (1)