月別アーカイブ: 2016年8月

不定期連載 ヒロシマ日記<21>71回目の広島 原爆の日

一昨日、8月6日、広島は71回目の原爆の日を迎えました。
線香の香りが漂う平和公園に立つと、改めて、この日が広島の命日だと実感します。
オバマ大統領がアメリカの現職大統領として初めて広島を訪れたのは、今年5月の事。
その歴史的訪問の影響も注目された、祈りの日となりました。

広島テレビでは、前日5日のテレビ派と当日6日の特別番組を、
ジャーナリストの池上彰さんと共にお伝えしました。
記者時代には広島・呉に勤務し、被爆者の方への取材などにも取り組まれた池上さん。
以来、原爆への問題意識をずっと持っていたといいます。
今回、番組でご一緒して、池上さんの言葉にたくさんの感銘を受けました。
中でも一番印象に残っているのは、核なき世界に向けての池上さんの提言、
『これまでの70年 これからの70年』です。

「アメリカの現職大統領が被爆地訪問という、
40年50年前は誰も想像しなかったことが戦後70年かけて実現した。
次の70年後を、私たちは見ることができないけれど、
これからの70年、少しずつ取り組んでいった結果、
核兵器のない世界は実現していなくても、
核実験は禁止になっているかもしれない。核兵器は減っているかもしれない。
子供達にどんな世界を見せてあげられるかは私たちの責任。」

この言葉を聞いた時、私は我が子達の顔が浮かびました。
そして、居ても立っても居られない気持ちになりました。
また、これまでの70年、平和のために取り組んで下さった先人たちに
改めて感謝しました。
子供達の未来を守る一翼を担っていることを肝に銘じて、少しずつでも「行動」しよう!
そう感じた今年の8月6日でした。

IMG_1939

IMG_1929 (2)