月別アーカイブ: 2016年9月

まさかの応援団長!

先週日曜日、長女と長男の小学校で運動会が行われました。

我が家の一番のトピックは、応援団による応援合戦。

なぜなら、長女が紅組の応援団長になったからです。

 

なんでも、男子の中にやりたいという子がいなかったらしく、娘が立候補したのだとか!

これには驚きました。

応援団長って活発な子がなるイメージですが、娘は明らかにインドア派。

低学年の頃なんて、みんなが外へ遊びに行っても、

「私は本が読みたい」と言って、一人教室に残るタイプだったんですよ。

高学年になってからは、授業で発言したり、友達に誘われ朗読大会に出たりと、

積極性が出てきたなと感じてはいましたが、まさか団長とは!

私も夫も、「こんなに積極的な子だったっけ?昔は人前でもじもじしてたよね。」と、

目を丸くしたのでした。

 

そして迎えた運動会当日。

最初の大仕事は入場行進でした。

紅組の先頭で登場した娘は、前年の優勝チームとして、大きな優勝旗を掲げていました。

IMG_2479

腰に皮ベルトを巻き、全身の力で旗を45度に保ちながら、颯爽と歩く姿は大変頼もしく、

視界に入った瞬間、目頭ならぬ、眼球の裏側がカ~ッと熱くなるのを感じました。

どちらかといえば細くて、体力もそんなにある方ではないと思っていましたが、

最後まで態勢を崩すことなく歩ききりました。

 

メインの応援合戦では、頭に赤い鉢巻、体に赤いたすき、両手に赤い手袋をして、

入場門から団員達と元気に飛び出してきました。

会場じゅうの人達の視線を浴びながら、運動場の端から端まで届くほどの大きな声で、

三三七拍子、ハッスル拍子、応援歌など様々な応援をリード。

時には扇子を持ったり、団員に肩車をされたりしながら、堂々と振る舞っていました。

IMG_2485

男子と比べると、多少、パンチがネコパンチ気味でしたが(笑)、

最高の晴れ姿を見せてもらって、本当に母親冥利に尽きる時間でした。

 

おっといけない!

長男の事を一行も書いていないのに、長くなってしまいました。

長男にも、ほっこりするシーンがあったんです(*^_^*)

また次回のブログで!

ちなみに明日は、次男の運動会です♪

言い間違いよ、永遠に…

以前もお伝えしたことがある、次男のかわいい言い間違い。

今回は、お待ちかね(待ってない?)、新作の発表です!

まず、便秘気味のある日、こう私にせがんできました。

「おなか、さそって~!」

…本当は「さすって」ほしかったみたいです。

誕生日の前には、こんなリクエストがありました。

「ぷぜれんと、ちょうだい!」

…欲しいのは「プレゼント」のようです。

さらに、虫刺さされの跡を掻きながら、こう訴えてきました。

「かにに、さされた~!」

…実際は、「蟹」ではなく、「蚊」に刺されていました。

ひざを擦りむいた時も、こんな報告がありました。

「ちがが、でた~!」

…「ちが」って???無論、出ていたのは「血」でした。

こんな風に、本人はいたって真剣な時ほど絶妙に言い間違えるので、こっちはズッコケてしまいます。

それにしても、「蚊」や「血」といった一文字の単語って、小さい子には使い方が難しいのでしょうか。(笑)

 

そんな赤ちゃんっぽさが残っていた次男も、8月で5歳になりました。

言い間違いもだんだん少なくなってきて、ちょっぴり寂しい今日この頃。

しかも、最近は、百人一首の坊主めくりに、「UNO」、そしてオセロと、様々なゲームができるようになり、

一丁前にお姉ちゃんお兄ちゃんと対等に遊んでいます。

さらに、困ったことに、テレビゲームにも目覚めてしまいました。

本当は、小学校に上がってから、と思っていたのですが、

ゲーム盛りのきょうだいがいては、なかなか難しいですね~。

せめてものルールで、土日だけ、時間を決めてやらせています。

お姉ちゃんたちがクリアするのを横で見ているだけで、「やった~!」と誰よりも喜んでいた頃が、

いじらしくてかわいかったな~。

 

さて、最後に、そんなゲーム話の中から、次男の最新の言い間違いを一つ。

「グランプリ」を目指すレースゲームのことを…

「しらんぷり、しよう!」ですって。

unnamed

カープ優勝!子供達は…

カープがついにやりましたね~。

25年ぶりのリーグ優勝!

この一週間は、興奮が冷めやらず、なんだかふわふわした気分が続いています。

 

優勝が決まった試合は、子供達と自宅で観戦していました。

特に、アウトがあと一つになった時には、子供達に

「これから見る優勝の瞬間は、この先ずっと何十年後まで映像で目にすることになるから、

しっかり見ておきなさいよ。」

と言い聞かせて、親子で一列に並んでテレビに正対して見ました(^^)

新井選手がウイニングボールをキャッチした瞬間は、

思わず娘と抱き合って大声を上げていました。

きっと、あの日の広島は、こんな家族の光景がいくつもあったんでしょうね。

子供達と歴史的な瞬間を見届けることができて、幸せでした。

 

カープの優勝は、子供達の日常にも変化をもたらしました。

まず、長女のクラスでは、優勝セールと題して、宿題が少なくなったそうです(笑)

宿題も25パーセント引きといったところでしょうか。

また、カープのユニホームで登校した先生もいらっしゃったとか。

粋ですよね。

長男はカープ坊やの下敷きを眺めて、「それ行けカープ」を口ずさむし、

次男は、赤の上下を着るのがお気に入りに。

保育園の先生に「カープの赤だね」と言ってもらい、

カープ好きなお友達に「あかいふく、いいな~」と羨望の眼差しで見られ、気分上々です。

カープTシャツでもなんでもない、ただの赤い服なんですけどね(^_^;)

IMG_2465

 

次は、32年ぶりの日本一へ!

がんばれ、カープ!!!

母のこと

先月28日、母が永眠いたしました。68歳でした。

母は20年前にパーキンソン病を発症。

12年前に故郷・福井から広島に呼び寄せ、3年の同居の後、介護施設を転々としました。

ここ5年は、認知症対応のグループホームに入居していました。

 

遺品の整理をしていると、これまでお世話になった方々の顔が思い浮かびました。

自宅での介護が追い付かず悩んだ私を支えて下さった、

ケアマネージャーや、ホームヘルパーさん。

パーキンソン病友の会で知り合った皆さん。

担当の医師や、母に寄り添ってくださった様々な施設の介護士の方々…。

母を通して本当にたくさんの方々と出会い、

なにもかもに無知だった私はどれほど助けられたか分かりません。

この場を借りてお礼を申し上げます。

 

子供の頃、「アナウンサーになりたい」と夢を語る私に、

母はいつも「あなたならなれる!」と言ってくれました。

今考えたら、何の根拠もないですけどね(笑)

でも、そんな魔法の言葉のおかげで、私はこうして好きな仕事ができています。

 

なんだか真面目なブログになってしまいました。

私、元々、真面目な人間なんです(*^_^*)

 

そんなわけで、先週一週間はお休みをいただいていたのですが…

仕事に戻ってみたら、カープのマジックはすでに4!

早い。早すぎる。

さらに、今週は私、明日、明後日も、別番組の取材のためテレビ派をお休みします。

カープの優勝が決まりそうな日にテレビ派に出られないのは寂しいですが、

25年ぶりの熱気に乗り遅れないようがんばります!