月別アーカイブ: 2017年11月

「恋のしずく」&優勝パレード!

11月も今日で終わりですね。

今月は、イレギュラーな取材に多く行かせていただきました。

 

11月16日は、酒どころ東広島市西条で行われた、映画「恋のしずく」の撮影現場に

おじゃましました。

奥手の理科系女子が日本酒の魅力に目覚め、歴史ある酒造りと初めての恋に奮闘する物語。

主演の川栄李奈さん、「ぶち、かわえぇ!」かったです(笑)

私は生まれて初めてのエキストラに挑戦!

酒祭りのシーンでは、真っ赤な完全カープ主義トレーナーを着て、

川栄さんにお酒を注ぎました。

途中で水色のジャケットに着替え、観光客にもなっています。

全編、広島ロケ。

来年、全国公開予定です。

「ウォーリーをさがせ!」じゃありませんが、よかったら私の事も探してみてください。

 

11月25日は、カープ優勝パレードへ。

カメラを片手に、パレード中の選手のベストショットを撮影するという企画でした。

沿道で、何人ものファンの方にインタビューさせていただきました。

お祭りのような雰囲気の中、皆さんテンション高めで、すごく楽しかったです。

テレビ派に、私を見かけたというメールやファックスもたくさんいただきました。

中には、取材中の写真を送って下さった方も(*^_^*)

皆様、本当にありがとうございました。

 

取材では、インタビューさせていただきながら、

時間の関係で放送できない方も多くいらっしゃいます。

映るのを楽しみにされていただろうに…といつも心苦しく思っています。

ごめんなさい。

 

これからもいろんなところに出没してマイクを向けるかもしれませんが、

その時はどうぞよろしくお願いします!

ぱんくろう、ごくろう様!

いきなり便座の写真で失礼します(*^_^*)

長女から長男、そして最後は次男と、我が家の3人の子供達のお尻を支えてきてくれた

幼児用便座。

この度、ついに、役目を終えました。

先日、次男のトイレタイムを覗いたら、普通に大人用便座に座っていてびっくり!

知らない間に卒業していました(^_^;)

 

「パンツぱんくろう」が、時代を感じます。

 

子供達が大きくなると、こうやって一つずつ、子供用品が姿を消していきます。

…しんみり。

ドタバタかいご備忘録㉓ 老人ホームの体験入居

母の入居する介護施設探しが始まりました。

介護施設には様々な種類があり、認知症の有無、要介護度、費用、

どんなサービスを希望するかなどを元に選択します。

母の場合、当時はまだ認知症と診断されておらず、要介護度も3と低かったため、

民間の老人ホームを中心に探し始めました。

老人ホームの多くは、入居を決める前に数日間の体験入居ができます。

母も数か所で体験入居を行いましたが、ここで、思いもよらぬことが待っていました。

なんと、体験入居をしたホームから、ことごとく

「うちに入居していただくことはできない」と言われてしまったのです。

理由は、介護士の人数が少なくなる夜間に、何度もトイレなどの介助を必要とするため、

対応ができないとのことでした。

体験入居は入居者が施設を選ぶためのものだと思っていた私にとっては、まさかの逆NG。

その後も同じ理由で、2軒目、3軒目、4軒目と立て続けに入居を断られ、もしかしたら

母を受け入れてくれるところはどこにもないのかもしれないと、途方に暮れました。

一方で、プロの介護施設ですら母の介護は難しいのだと知り、

自宅介護に挫折し罪悪感を感じていた私にとって、

「仕方がなかったのだ」と自分に言い聞かせる出来事でもありました。

 

見て腸~だい!!!

ハロウィンの仮装ではありません(笑)

ピッピ学園学級委員の2人です。

 

ウン十年ぶりにセーラー服を着たこの写真を見て、中学生の娘が、

「すっごい青春!」と言っていました(^^)

 

先日収録が行われた、ひろしまケンケンプロジェクトプレゼンツ

「ピッピと学ぶ イキイキ長生き検定PART2」の一幕です。

 

個性豊かな生徒たちと一緒に、「健康寿命は『腸』で決まる!」をテーマに

美腸を作る3種の神器を楽しくお伝えしていきます。

血液型のように、腸にも型があるのを知っていますか?

得する人損する人でおなじみ、家事えもん考案の発酵食御前も登場しますよ。

腸だけに、チョ~ためになること間違いなしです(*^_^*)

 

こんな個性豊かなメンバーでお送りします!

明日、11月18日(土)、午後3時から5時までの放送です。

絶対、見て腸~だい!!!

保育園最後の運動会

我が家は今年、長女が中学生、長男が小学生、次男が保育園児と、

初めて3人がばらばらになりました。

となると、行事ごとも、なんでも3回。

毎週末、誰かのイベントが控えていて、

いったい誰の事やら…なんてことも。

小学校と中学校の授業参観が混同して、間違えそうにもなりました(汗)

運動会に至っては、場所取りも3回。

子供の応援は楽しいけれど、正直大変です。

我が家は毎回、夫に開門の30分前に行ってもらいましたが、

小学校では夜明け前から並んだ親御さんもいたのだとか。

カープのチケット争奪戦みたいですね。

 

それはさておき、次男の通う保育園では、

運動会で年長児が竹馬に挑戦するのが伝統です。

練習は4か月も前から始まり、最初は一番低い竹馬を一本だけ持って、

片方の足だけ乗せて進むところから挑戦します。

それができるようになると、初めて二本とも持って、先生に支えてもらいながら前進。

徐々に距離を伸ばし、カーブも曲がれるようになると、

今度はどんどん竹馬の高さを上げていきます。

みんな、運動会でかっこいいところを見せたい!と一生懸命。

足の指にマメができても、人差し指に絆創膏を貼ってがんばりました。

竹馬の乗り方って、個性が出るんですよ。

一歩一歩ゆっくり進む子もいれば、すたすた歩くように乗る子。

ひょっこひょっこと独特のリズムを刻む子も。

4年前に挑戦した長男は、向こう見ずな性格に似合わず、

少しずつ小股で進むタイプだったので、

後ろの子に追いつかれそうでハラハラしたのを覚えています。

そんな長男と比べて、怖がりの次男ですが…

意外や意外、なかなかのスピードではありませんか!

クラスで1、2を争う体の大きさを生かした、安定感のある乗りこなし。

その代わり、最初から最後まで斜め下45度を見つめ、

脇目も振らず一心不乱に進む姿は、慎重な性格が表れていました。

 

我が家にとっては、おそらくこれが最後の保育園の運動会。

篠原涼子さんの歌じゃありませんが、愛しさと切なさと…

成長への心強さを感じる一日でした。

 

吹奏楽部でがんばっています!

この育児日記では久しぶりの、長女の話題です。

現在中学1年生の長女は吹奏楽部に所属。

入学前は別の部を考えていましたが、クラブの雰囲気と友達からの誘いもあり入部しました。

楽器は、サックスです。

とはいえ、吹奏楽部といえば、「運動部のような文化部」との噂。

小学校の宿題ですらヒィヒィ言っていた娘がちゃんと両立できるのか、私は心配していました。

聞いていた通り、毎日朝練があり、放課後も当然毎日練習。

土日の多くも弁当を持って出て行きます。

平日は、部活を終えて帰り夕食をとると、疲れて眠ってしまうことが多く、

毎晩9時ごろから宿題を始め、ベッドに入るのはいつも深夜です。

 

そんな中、先日、文化祭で、吹奏楽部のステージがありました。

GReeeeNの「オレンジ」、ORANGE RANGEの「イケナイ太陽」、ゆずの「タッタ」など、

実に10曲を演奏。

入部から半年で、よくこれだけのレパートリーを覚えたものだと感心しました。

毎日、朝も放課後もがんばってきた努力は嘘をつきませんね。

また、名探偵コナンのテーマ曲ではコナンや毛利小五郎に扮した生徒たちが登場。

ブルゾンちえみの登場曲の演奏では、生徒だけでなく

先生達によるブルゾンちえみwith Bも出てきて、会場は大盛り上がり。

本当に楽しいステージで、吹奏楽部の雰囲気の良さも伝わってきて、

「吹奏楽部に入ってよかったな~」と思いました。

私、学生時代はそれほど吹奏楽に興味がなかったのですが、娘のおかげで見方が変わりました。

様々な楽器がそれぞれのパートを一生懸命練習し、

それが合わさり一つの曲になった時の感動って格別なんだろうな~。

もう一度中学生をするなら、今度は吹奏楽部もいいかも(^^)