月別アーカイブ: 2019年10月

「ミヤネ屋」で家族も緊張!?

前回のブログに、たくさんのリアクションをありがとうございました。

実は、こぼれ話があるんです。

 

ミヤネ屋出演のため広島を発つ日、8歳の次男が私に、「これ持って行っていいよ!」と、

こんな箱を差し出しました。

蓋が閉まらなかったのか、慌てて止めたようなセロテープ。

開けてみると…

仏様が掘られたクリスタルの置物!

4歳上のお兄ちゃんから修学旅行のお土産としてもらったもので、

お守りのようなつもりで渡してくれたのでした。

子ども達には「14日にミヤネ屋に出るから見てね。」とサラッと話しただけで、

それほど話題にしていなかったのですが、私の緊張が伝わっていたのでしょうか。

親を心配してくれる気持ちがかわいくて、スーツケースに入れて大切に持っていきました。

 

ちなみに、私の出演したミヤネ屋は家族そろって見てくれたようで、

子ども達は「あぁ~お母さん、手が震えてる~。」と悲鳴を上げていたそうです(笑)

夫は夫で、息子の野球の試合を応援している時みたいに緊張したそうで、

宮根さんが私に質問をするたびに、

「エラーを心配して、息子の所にボールが飛ばないでくれ!と思うのと同じように、

話題を振らないで!と思った」そうです。

よく分かる例えだけど、私、信用なさすぎじゃない?(^^;)

 

それにしても、今回のミヤネ屋出演は、家族をはじめ、

視聴者の皆さん、福井の親戚、高校・大学の友人、他局の同期、行きつけのお店など、

たくさんの人が応援してくれました。

広テレの仲間も拍手で送りだしてくれて、「会社を辞めるわけじゃないんだから。」と大笑い。

温かい人たちに恵まれて、私は本当に幸せだなと思いました。

それに気づけたことが、一番の収穫です!

 

 

 

ミヤネ屋に出ました!

昨日のテレビ派、私のミヤネ屋出演についてメール・ファックスをくださった皆さん、

ありがとうございました!

番組の中でも言いましたが、

緊張しました~!!!

本当は、ベテラン(←自分では思っていない)らしく、

余裕しゃくしゃくで(笑)やりたかったのですが…。

手は震えるし(自覚なし)、声は前に出ないし(自覚あり)…。

いつも、2年目の西口アナウンサーに「自信のない時ほど、しっかり声を出して、堂々と!」と

アドバイスしていたのに、自分ができませんでした。

お恥ずかしい限りです。

(出演当日の朝、読売テレビ新社屋の前にて)

 

それにしても、ミヤネ屋は究極の生放送でした!

まずは、番組冒頭の挨拶。

宮根さんが私を紹介してくれましたが、もちろん台本はなし。

きっと西日本豪雨の話を聞かれるのだろうけど、

ちゃんと答えられるのだろうか?とドキドキ。

私が最初に説明するはずだったフリップも、

番組が始まった直後に間違っている箇所が見つかり、カットが決定。

ディレクターから小声で「代わりに隣のフリップを読んでください。」と指示され、

「え?このフリップのここを読めばいいのよね?」と、どぎまぎしながら説明しました。

さらに、中継先がつながらなくて順番が代わったり、

韓国のチョグク法相辞任の速報が入ったり、

宮根さんに「馬場さん、西日本豪雨の時は…」と突然の質問がきたりと、

予測不可能な事態の連続。

テレビ派も毎日生放送ですが、ある程度、台本に沿って進むので、雰囲気が大分違いました。

台風被害の報道が中心の日だったので特にそうだったのかもしれませんが、

この緊迫感の中で毎日放送している、宮根さんもコメンテーターもスタッフも、

本当にすごいなと思いました。

 

テレビ派に頂いた、私のミヤネ屋出演への感想のほとんどが

「馬場さんがあまりに緊張しているので、見ているこっちまで緊張しました」というもの。

視聴者を緊張させるアナウンサーってどうなん?(汗)と申し訳なく思いながらも、

広島の皆さんはある意味、身内のような気持ちで見てくださっていたのかなと、

ありがたかったです。

 

それにしても、この度の台風19号の被災地の様子は1年前の広島と重なり、

胸がいっぱいになります。

一日も早い行方不明者の発見と、被災地の皆さまの生活再建をお祈りします。

ミヤネ屋に出ます!

皆さん、今日の「情報ライブ ミヤネ屋」のエンディング、ご覧いただけましたか?

お伝えしたように、来週月曜日、14日の「ミヤネ屋」に

林マオアナウンサーの代役で出演します。

カープの佐々岡新監督が就任会見で発した言葉、

「ありがたいのと、自分でいいのかなという不安な気持ち」は

まさに、今の私の気持ちです(^^;)

広島の米倉涼子(笑)、「力まず きどらず 自然体」で頑張ってきます!

 

台風の被害が大きくなりませんように…。

 

 

 

 

秘密主義

先月末、息子たちの通う小学校で運動会がありました。

小学校生活最後の運動会となる6年生の長男は、この日、ある大役を任されていました。

開会式での児童代表の挨拶です。

まさに、一世一代の晴れ舞台!

しかし、なんということでしょう。

私も夫も、本人から前もって聞かされていなかったのです。

入場行進を終えて整列していた長男が、

「児童代表の言葉」というアナウンスに「はい!」と返事。

突然前に出て壇上に上がり、あっという間に挨拶が始まってしまいました。

私たちは、見えやすい位置に移動することもできず、その場でカメラを回し始めました。

しかし、肝心の息子の姿はテントの向こう。

撮影できたのは声だけでした。

ちゃんと教えてくれていたら、場所取りしたのに…。

本人曰く、じゃんけんで負けて仕方なくやることになり、

ビデオで撮られたくなかったとのこと。

それでも普通なら、決まった段階で家族に伝えて、家で練習もしますよね?

秘密主義にもほどがあります。

男の子って、みんなこうなのでしょうか。

ちなみに、挨拶の文章は自分で考えたそうで、

「今日は待ちに待った運動会です。」という第一声から、

最後の「みなさん、今日一日、がんばりましょう。」まで、しっかりと暗記。

子どもらしいはつらつとした声で、一度も間違えずに言えました。

私よりスラスラしゃべっていましたよ。

競技で印象に残ったのは、長男の徒競走。

終盤、友達と接戦になり、「わぁ~!!!」と叫びながら全力でゴール。

惜しくも2位でしたが、力をふりしぼる姿が清々しかったです。

また、ダンスも見ごたえがありました。

長男はよさこいソーランでキレのある動きを見せ、

2年生の次男は人気の「パプリカ」でかわいさ全開。

二人とも、真剣に動きを合わせたり、白い歯を見せてのびのび踊ったりと、

一生懸命で楽しそうな姿に目頭が熱くなりました。

 

それにしても、児童代表挨拶をしている時の長男の表情、見たかったな~。

誰か奇跡的に撮影していないかしら(笑)

緒方監督から佐々岡監督へ

先週から今週にかけて、カープは激動の1週間でしたね。

先週火曜日は、緒方孝市監督の退任発表、昨日は佐々岡真司新監督の就任会見と、

カープの歴史が動きました。

 

カープにとって、投手出身の監督は、実に53 年ぶり。

石本秀一さん、長谷川良平さんに次いで史上3人目だそうです。

昨日、野球解説者の池谷公二郎さんは、

「投手の気持ちが分かるだけに、相手投手が嫌がる采配をするだろう」と

おっしゃっていました。

確かに!

野手目線で次の手を考える野手出身の監督とは、一味違う試合運びになりそうですね。

なんだかワクワクしてきました。

 

私が旧市民球場によく取材に行っていた若い頃、実は一番挨拶しやすかった選手が、

佐々岡投手でした。

当時、押しも押されもせぬエースで、スゴイ選手にもかかわらず、奢ったところがなく、

気さくに応じてくださったからです。

マスコミは、先発予定当日の投手には、登板を控え集中しているので取材しないという

暗黙のルールがあったのですが、

私はそれを知らずに話しかけてしまい、佐々岡投手に苦笑いされたことも(汗)

でもその時の表情が優しく、とても救われました。

故郷、島根県浜田市金城町の皆さんも認めるその温かい人柄で、

チームを明るく束ねていただきたいです。

 

また、退任された緒方前監督には、心からお疲れ様でしたと言いたいです。

退任会見での「めいっぱい、全力でやりきった」という言葉に、

5年間、様々な局面に苦悩しながら、必死に取り組んでこられたんだなと感じました。

たまたま会見の日が、テレビ派コメンテーターとしての出演日だった、かな子夫人。

「監督時代は、いつ休んでいるのかなと思うほど常にカープのことを考え

仕事をしていたので、少しゆっくりしてほしい」と話していました。

一番近くで見守ってきたからこその言葉ですね。

この日テレビ派に届いたメール・ファックスは、緒方前監督へのねぎらいはもちろん、

「監督を長年支えてくれてありがとう」というかな子さんへの言葉も多くあったのが

印象的でした。

私達ファンの夢は、新監督に受け継がれました。

今シーズンの悔しさを力に変えて、来年こそ日本一のチームになってください!!!

ドタバタの運動会前夜

先週末、息子たちの通う小学校で運動会がありました。

6年生の長男にとっては小学校生活最後の運動会。

ですが…我が家は前日からドタバタとなりました。

まず、毎年学校からもらって帰るはずのプログラムがない。

二人のランドセルを根こそぎ調べても見当たらず、

「配られていない」「見たことない」と言うばかり。

仕方なく、同級生のお母さんに聞くと、一週間前ぐらいに持って帰って来たとのことで、

親切に写メを送ってくれました。

それでも二人とも、記憶にないって…どういうことでしょうか。

そんなところ、兄弟似なくていいんですけど…(汗)

 

また、当日の朝、体操服に着替えた子供たちを見ると、次男の体操服がピチピチ!

確かに、少し小さめのサイズだったけど、ここまでとは…。

早く言ってよ~!

慌てて、長男が着ていたワンサイズ上の体操服と交換。

我が家の兄弟は、次男が健康優良児すぎて、4歳違いながら服のサイズが一緒なのですが、

長男の方が細身で助かりました。

 

こうして迎えた運動会当日。

実は長男には、ある大役が待っていました。

来週のブログで…!