月別アーカイブ: 2020年1月

ネコちゃん脱走事件

先週の事。

夜、自宅の勝手口のドアが開いていることに気が付きました。

しかも、ネコがちょうど通れるぐらいの幅。

しまった!

私が鍵をかけ忘れた隙に、ネコが自分でドアを開けて出たのかも!

飼い猫は基本的には外に出さないのがマナー。

我が家も、これまで一度も出したことはありません。

「マイケル!こうめ!」と2匹の名前を呼ぶも、家の中はシーンとしたまま。

間違いない。外に出てしまった!どうしよう…。

今度は外に向かって名前を呼びましたが、音沙汰なし。

遠くまで行ってしまったのかもしれない…。

いったんドアを閉めると、ドアの向こうに黒い影が。

もう一度開けると、シュッとこうめが入ってきました。

こうめは怖がりな性格なので、まだ家の近くにいたのでしょう。

よかった!こうめはいた!

でも、好奇心旺盛なマイケルは?

 

私は子供たちと外に出ました。

いつも餌を入れている皿の音を聞けば帰ってくるかもしれないと、

火の用心の拍子木みたいに皿をカチカチ鳴らしながら、近所を回りました。

しかし、ネコの姿が見えて「マイケル?」と思ったら別のネコちゃんだったり、

遠くで犬が吠え始め、「ネコに向かって吠えている?」と思い向かうも止んでしまったりと、

捜索は難航。

一緒に探していた娘は半泣き状態です。

このまま戻ってこなかったらどうしよう…

車にひかれたりしていないだろうか…

不安が最高潮に達したその時、

どこからか、発情期のようなネコの鳴き声が聞こえてきました。

マイケルは去勢手術をしているし、違うネコだろうと思いながらも、声のする方へ。

すると、あるお宅の玄関の前に、マイケルくらいの大きさのネコが座っていました。

暗闇だったのと、聞いたことがない鳴き方だったので、最初は判別できませんでしたが、

トレードマークの鍵しっぽ(くるんと曲がったしっぽ)を確認。

マイケルだ!!!

興奮していたのか、怖かったのか。

近づいて抱きかかえようとすると、なぜか逃げようとしましたが、

無事に連れて帰ることができました。

よかった!本当に良かった!

 

ホッとして嬉し泣きに変わった娘が、笑いながら一言。

「探している間、私、神様に、私の受験はどうなってもいいから、

どうかマイケルと会わせてくださいってお願いしちゃった。受験だめかもしれんわ。」

 

ごめん~!私が鍵をかけ忘れたばっかりに、そんな思いまでさせて~(汗)

神様、娘の受験、くれぐれもよろしくお願いします!!!

左:こうめ(♀)  右:マイケル(♂)

1日だけの「馬場署長」!

110番の日の今日、広島東警察署で一日警察署長を務めました。

なんと、本物の女性警察官と同じ制服を着用!

私、子供の頃、スケバン刑事に憧れて、本気でヨーヨーの練習をしたんですよね~。

あっ、あれはセーラー服だったか…(笑)

 

それはさておき、1日警察署長としての仕事には、様々な訓練の見学がありました。

110番通報を受けて被疑者の身柄を確保するまでのシミュレーションは、

警察官役、被疑者役、通報者役がそろって、本番さながらの緊張感。

見ているだけでドキドキしてしまいました。

私たちにとっては一生に一度遭遇するかどうかの事が、警察官にとっては頻繁に起きていて、

本当に、日々気が抜けない仕事だなと感じました。

 

道場では、道着に防具を付けた警察官が逮捕術の訓練をしていました。

時には刃物を持った犯人と対峙しなければならない…

自分だったらきっと、恐怖で動けないでしょう。

命を懸けて県民の安全を守り、そのために真剣な訓練をしているんだなと思ったら、

胸が熱くなりました。

 

他にも、パトカーは常にピカピカにして、子供たちの憧れであり続けていることや、

110番通報の約半数はワン切りやいたずら電話、緊急性のない相談で、それらが

1分1秒を争う事件事故の対応を遅らせることになってしまうことなどを知り、

勉強になりました。

 

一日警察署長を経験したことで、今までひとくくりにイメージしていた「警察官」ではなく、

警察官一人一人の顔が見え、親近感と尊敬、感謝の気持ちが増しました。

これから、街で見かける警察官の見え方が少し変わりそうです。

 

広島東警察署の皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

あけましておめでとうございます!!!

あけましておめでとうございます!

今年も、広テレ&テレビ派&馬場のぶえをよろしくお願いします!

 

さて、皆さんはどんなお正月でしたか?

我が家は、近年、冬休みを利用して家族旅行をしていましたが、

今年はほとんど自宅で過ごしました。

というのも、長女が3月に高校受験を控えているから。

一泊二日で太宰府か防府に行って、合格祈願するくらいなら

いいんじゃない?と誘ってみたけれど、

この時期の旅行は受験生にとっては落ち着かないようで…、

結局、地元、廿日市天満宮での初詣となりました。

その割に、年末の長女といったら、一日中テレビや漫画三昧。

「勉強しなさい!」と何度も言いたくなりましたが、

私自身が親にそう言われて素直に聞いた覚えがないので、

自主性に任せることにしました。

すると、1月1日、「すごくやばいことに気づいた!」と長女。

急に机に向かうことが多くなりました。

新しい年に変わるというのは、いいきっかけになるものですね。

 

さて、今回は久しぶりに、我が家のきょうだいネコ、

“マイケル”(♂)と“こうめ”(♀)の話を!

お正月休みは、随分と、この2匹に癒されました。

餌をもらえるのが分かってニャーニャー喜ぶ顔や、

暖かい場所を見つけてちゃっかり陣取る姿、2匹が寄り添って眠る様子など、

もう、人間の赤ちゃん並に愛しいです。

飼い始めて1年8カ月。

マイケルは、ソファで爪を研ぐのと、電気コードを噛み切ってしまうのが

困りますが、

チャームポイントの鍵しっぽをロールカーテンの紐にひっかけてしまう失敗が

なくなりました。

クールだったこうめは、廊下の角でゴロンとお腹を見せるなど甘え上手に!

トイレ以外の所で用を足してしまう癖はなかなか直りませんが、

可愛さに免じて許してしまうんですよね~。

冬休みの宿題がはかどらず、イライラしていた長男も、

ふと目をやった窓際にネコが佇んでいて、一気に笑顔に!

先ほどの長女も、夜中に一人で勉強していても、

ネコが側にいてくれるから寂しくないそうです。

 

子年最初のブログだというのに、天敵のネコの話をしてしまった(^^;)

今年はこんな感じで、いい意味で型にはまらず、のびのびと、

お仕事がんばりま~す!