月別アーカイブ: 2020年9月

弁当作り

娘が高校生になり、ついに始まったことがあります。

毎朝の弁当作りです。

料理がそれほど得意ではない私。

高校進学にあたって、正直、一番恐れていたのがこれでした。

朝、寝坊せずに起きられるか。

時間内に作れるか。

おかずのレパートリーは大丈夫か…。

不安を数え上げたらきりがありません。

 

娘は朝7時過ぎに家を出るので、私は6時に起きて弁当を作り始めます。

メイン(たいてい肉料理)を決めて、卵料理と緑の野菜、ミニトマト、

あとは、焼き鮭や練り物など魚類を入れて、

それでも隙間があったらミニゼリーやお団子などスイーツで埋める!

ご飯には、娘の好きな梅干し入りのふりかけをたっぷりと。

これが私の基本です。

単純ですかね…?

この程度でも毎朝必死なんですよ。

私語をつつしんで…というか、しゃべっている場合じゃない!

時間ギリギリに作り終えては、「間に合ってよかった~」とホッと胸をなでおろす日々です。

こんなに余裕がないのって私だけでしょうか?

 

実は、娘の分と一緒に自分の分も作って、お昼は全く同じ内容の弁当を食べています。

コロナ禍で外食がしにくかったこともありますが、一番は味のチェックのため。

「味付けが濃かったな」とか「バランスが悪かったな」などと反省して、次に生かします。

夜、娘に「今日のはちょっと失敗だったね~。ごめん。」と謝ると、

「あ~、でも大丈夫よ。おいしかったよ」と、いつも慰めてくれるので救われます(*^^*)

 

ところで、そんな私が今気に入っているお弁当メニューがあります。

山口名物「瓦そば」弁当です。

「茶そばの色が秋らしい!」と、夏場によく作っていた冷やし中華弁当に代わり、

挑戦してみました。

ソバを焼くのでくっつきにくいし、甘辛い牛肉をのせるのでボリュームもグッド!

本来はつゆにつけて食べるのですが、食べる直前につゆをかけても十分おいしいです。

マンネリ回避と時短にもなってお勧めですよ!

宇宙でいちばんあかるい屋根

私が取材を受けた「週刊ポスト」が、先日、発売になりました。

皆さん、ご覧いただけましたか?

広島のカープファン、そしてジャイアンツファンの皆様、20年以上前のことと、

笑ってお許しくださいませ。

記事を読んでいただければ、この意味が分かります(^^)

 

さて、話題は変わり…

現在公開中の映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」を観ました。

清原果耶さん演じる14歳の少女が、桃井かおりさん演じる不思議な老婆と出会い、

家族や恋の悩みを乗り越え成長していく、青春ファンタジーです。

 

いや~、ここ最近観た映画で一番泣きました。

マスクがびちょびちょになるくらい。

私の涙腺を刺激したのは、清原さんの演技です。

思春期のピュアな感情と、繊細に揺れ動く心を、見事に表現。

特に、こらえきれず涙するシーンは、その表情やしぐさに複雑な心情が表れていました。

以前、ある番組で清原さんのナレーションを聞いたことがあり、

若いのに、表現力があって、すごく上手だな~と印象に残りました。

やっぱり、いい女優さんですね。

 

上映後には、メガホンをとった藤井道人監督と、美術を担当した広島出身、部谷京子さんの

トークショーがありました。

去年、映画「新聞記者」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞し注目を浴びた藤井監督。

まだ自主映画監督だった9年前に広島ダマー映画祭で受賞し、

その時の海外の監督たちとの出会いに大きな影響を受けたことから、

広島は思い入れのある土地なんだとか。

嬉しいですよね。

しかも、私と同じ、日本大学芸術学部の出身!

勝手に、親近感が湧いてしまいました。

 

「一冊の絵本を一枚ずつめくるような映画になれば…」との思いでセットを手掛けたという

部谷さん。

その言葉通り、独特の世界観にあっという間に引き込まれ、

最後の1ページまで夢中で読んでいた…そんな作品でした。

オススメです!

 

『週刊ポスト』に出ます!!!

今週の金曜日(9月18日)発売の、『週刊ポスト』に、私に関する記事が掲載されます!

あっ、スキャンダルではありません( *´艸`)

地方の女性アナウンサーの活躍を研究する企画だそうです。

 

先日、オンラインで取材を受け、

現在の出演番組「テレビ派」について熱く(?)語ったはずなのですが、

なぜか新人時代のエピソードが中心の内容になりました。

 

私が夕方の時間帯に出演するきっかけになった番組

「柏村武昭のテレビ宣言」時代の話などもあります。

これが分かる方、昭和生まれと推測します(笑)

私以外にも全国の女性アナが紹介されますので、どうぞご覧ください。

 

こちらはその“テレビ宣言”での1枚。

若っ!!!

 

いい性格してます

利き手の右手を怪我し、ギブス生活になった長男は、先月中旬からリハビリを開始。

週に3日、学校から帰った後、一人で電車に乗り、リハビリの病院に通っています。

 

リハビリ初日は、私も息子に付き添いました。

手術から3週間、ギブスで固定されていた右手でしたが、理学療法士の先生に

「すごい!親指以外の指がよく動くね~!」

と驚かれました。

どうやら、動かしにくい中でも、大好きなゲームだけはめげずにやり続けていたのが、

リハビリ代わりになっていたようです。

ゲームのやりすぎも、時にはいいことがあるねと大笑いしました。

 

それにしても、リハビリって地道なんですね~。

息子の場合、断裂した親指の腱が安定するまで、親指を内側に曲げる動きができず、

先週までは親指を外側へ開く動きと、親指以外の指を動かす練習だけをひたすら行いました。

プロ野球選手のリハビリのニュースをよく耳にしますが、

こういったわずかな動きを一つ一つ繰り返すところから、復帰を目指すんですね。

その道のりは、どれほど不安で苦しいものだろうと想像しました。

そして、患者に寄り添う理学療法士の存在の大きさも実感。

息子の担当者は若い男性の方で、毎回ゲームやアニメの話をしてくれるらしく、

大変なはずのリハビリも、楽しそうに通っています。

 

それにしても、この度の大けがで一つ分かったことがあります。

それは、親バカですが、長男が結構いい性格をしているってこと。

利き手が使えず不便なはずなのに、この1か月余り、

愚痴や弱音をほとんど聞いたことがありません。

以前と変わらず明るくて、

ギブスも「つけていると周りのみんなが気遣ってくれる」と話していました。

当たり前のように左手で箸を持ち、いつの間にかキレイな字も書けるように!

「両利きになった」と、なんとも前向きです。

その器用さと、順応性の高さには驚かされました。

 

唯一、野球部の練習ができないのが残念そうですが、

病院で自ら「野球のボールをいつから投げられますか?」と医師に質問。

我慢の時間が、彼の野球熱を高めたような気もします。

完治後の上達に期待です!

大根役者と呼ばないで

先日、とあるコマーシャルの撮影がありました。

先輩アナウンサーである私と後輩達との、オフィスでの一コマという設定。

 

こちら、4年目、澤村アナ(右端に座る後ろ姿が澤村アナです)とのバージョンを撮影中。

 

新人、木村アナとのバージョンは、広テレのメイク室にて。

 

普段の仕事とはちょっと毛色が違い、私たちの演技力(笑)が試されました。

3人の中では、澤村アナが一番スムーズで、撮り直しが少なかったような…。

木村アナは、大きい目を瞬きしないようにするのが大変そうでした。

私は、“華麗なターン”に手こずりました。

…って、どんなコマーシャルやねん?と気になったあなた、

今月末から広島テレビで流れる予定ですので、お見逃しなく!!!