ありがとう

広島市内の繁華街ので11年以上被爆体験を聞く会を

開いてきた冨恵洋次郎さんの店。Bar「スワロウテイル」

看板に久々に明かりが灯った。

10月1日(日)NNNドキュメント『洋次郎の4000日』を

この場所で観た。

彼が旅立ったことを知らなかった県外のお客さんが来たり

遠くから看板を見て「まさか開いている?」と思って立ち寄

った人がいたり。

番組が始まってからはひっきりなしに携帯が鳴っていた。

番組のナレーションを担当された萩原聖人さんは、帰り際

「会ってみたかった。今度広島に行ったらスワロウテイルを

探してみる」と言って立ち去った。

店の関係者は「再開させたい」と語っている。

冨恵さんが始めた「被爆体験を聞く会」はこれからも

毎月6日にスワロウテイルビル2F Bar「キャメル」で

続く。

これからも多くの人に冨恵洋次郎さんに出会ってほしい。