日別アーカイブ: 2015年5月18日

第七回ばらのまちふくやまミステリー文学新人賞

第七回島田荘司選ばらのまちふくやまミステリー文学新人賞出版記念の集いでこれまでの

受賞者が全員揃いました。ゲストはこのミステリーがすごい!大賞の中山七里さん。そして

森村誠一さんもお祝いに駆けつけてくださいました。

今年の受賞作は神谷一心さんの『たとえ世界に背いても』です。選者の島田荘司さんは

50年後も読まれているかもしれないと絶賛です。神谷さんは母が子思う心、そして理不尽に

子どもの命が奪われた時の母の怒りは、国をも滅ぼすほどだと話します。

自分の内面を深く見つめる作品に出会いました。

ばら祭の会場では、福山出身・島田荘司さんの作品『星籠の海』が福山市市制施行100周年

記念映画として公開されることが決まり、サイン会には長蛇の列ができました。

ばら祭のゲストで『星籠の海』に出演している福山出身の金児憲史さん、おばあさまが福山に

住んでいらっしゃるという女優の谷村美月さんは、撮影のテンポが早く、びっくりするほどだと

順調に進んでいる撮影の様子を話してくださいました。

 

今回、出版記念パーティーの会場で作家のみなさんを見ていて、私がおばあちゃんになった時

ミステリー文学新人賞の作家さんたちの作品を読み続けていられたら幸せだなと想像しました。