新型コロナウイルス対策

皆さん、「AI問診」をご存知ですか?

AI問診とは、AIが患者ひとりひとりの症状や年齢に合わせた質問を分析・生成し、患者はタブレットを使って、自分の症状に当てはまる選択肢をタップするだけで問診が完了するというものです。

先日、今年4月からAI問診を導入されたクリニックを取材しました。

医師と患者の接触時間が短くなるため、新型コロナウイルスの感染リスクを減らすことが期待できるAI問診。

実際に体験させて頂きましたが、例えば「めまいがする」という症状の場合、「めまいで転んだ」「頭がぐらつくようなめまいがする」「立ち上がるとめまいがする」などの選択肢があり、とても詳しく聞いてくれる印象がありました。所要時間は、およそ3分で簡単に答えることができ、高齢の方も利用されているそうです。

他にオンライン診療などクリニックのコロナ対策についてお伝えします。

きょう夕方6時15分からの「テレビ派」ぜひご覧ください。

安心してクリニックに通えるよう、万全の対策をなさっており、症状が重症化してしまう前に、色んな手段を使って、病院を受診してほしいと呼びかけていました。

取材にご協力頂きました、いのうえ内科脳神経クリニックの井上先生、ありがとうございました!