泣けるスポーツ本

「自分を消すこと」。
アナウンサーになって5年目、当時先輩によく言われました。
その頃プロ野球中継の視聴率は、右肩下がりで減るいっぽう。
球界再編問題もあり、全国的にプロ野球人気の低迷の時代です。
もちろんカープも今の熱狂が嘘みたいな状況でした。
そんな中でのプロ野球中継。
「テレビ欄を見て、今日解説が○○だから聞いてみたい。見たいという人はいるけれど、
実況森拓磨とあって見ようと思う人はどれくらいいるんだろうか。
それをしっかり考えなさい」
20台の若者には少々厳しい言葉だと今でも思います。
だけどそのアドバイスから目指したものは、
試合を戦う選手とその魅力を伝える解説者を、存分に楽しんでもらえる中継。
「今日はしゃべりすぎて疲れた。もういい」
と解説者に言ってもらえたことがどんなに嬉しかったことか。

そんな私ですが、この度「本」を書きました。
入社以来、公私共にお世話になってきた元カープ黒田博樹さんとの15年に渡る物語です。
これまでずっと言ってこなかった知られざるエピソードを、
引退された今、初めて世に出しています。
これは「もしも引退することがあれば、本に書いてもいいですか」
と黒田さんに聞いた数年前の、いわば一度口にしたことの約束を果たしたものでもあります。

初稿を完成させた後、担当して頂いた編集者から加筆の要請がありました。
「もっとあなたを書いてほしい。黒田さんの言葉をどう聞き、どう感じ、
どう行動に移していったか。それによって読んでいる間、読者があなたになり、
黒田さんと同じ時を過ごしている感覚になれる」。
野球中継と同じように、とにかく自分を消して書いたものだっただけに、
そこからの加筆は1万字を越えました。

今のところ感想では、
一つ一つの知らなかったエピソードに、その場にいるような感覚で涙が出たという
ありがたい言葉をもらってます。
それだけ黒田さんの行動や言葉が、人の心を動かすという証明でもあると思うのです。
「泣けるスポーツ本」という面白い表現も頂いた本書。
どうか一度手に取って頂きたい。
黒田博樹という人間のプロ野球選手としての生き方と、
野球以外で周りに与えてきた人としての姿。
その15年に渡る真実の物語です。