月別アーカイブ: 2016年5月

舞台「パンチ♪ライン」

「今日は暑いなぁ」
真っ直ぐ歩き出し、若夫婦の横を通り過ぎながらこの台詞を言う。
可愛がっている部下を冷やかすように微笑み、そして去っていく。
この間約8秒。
私が人生で初めて「役者」としてテレビに出た瞬間でした。

終戦記念ドラマとして
日本テレビ系列で2011年に放送された「この世界の片隅に」。
広島でもロケが行われ、告知も兼ねて出演することになったわけです。
若夫婦役は北川景子と小出恵介さん。
二人と同じ部屋でメイクをしてもらい、
撮影直前の俳優さんたちをまさに目前で見たあの光景は忘れもしない。
静と動、緊張と緩和。
スイッチが切り替わる。
さっきまで北川景子さんと小出恵介さんだった二人は、
カメラの前に立つ直前、たしかに若夫婦になったのでした。
海軍将校役として丸めた頭に汗が噴き出る。
カメラの前というのは同じとはいえ、全く違う世界が目の前に広がったのでした。
「これは自分が関わる世界じゃないな。」
そう思ったあの日から5年。
5年がたってまた…懲りずに芝居やります。

今度は舞台。
タレント中島尚樹氏が主宰する劇団マージブルの舞台
「パンチ♪ライン」に出演することが決まりました。
やるのは落語家役。
そう、今回は「広テレ落語会」と「劇団マージブル」のコラボなのです。
これまで度々登場している広テレ落語会。
広島テレビのアナウンサーで立ち上げた落語会です。
これまで、特に落語を聞いたことがない人達に
落語の楽しさを知ってもらおうと活動を続けてきました。
その会が新たな一歩を踏み出します。

舞台はある落語家一門。
廃業寸前の一門に巻き起こる事件、そして数奇な運命…。
出演する本人が言うのもなんですが、面白い。
中島氏が作演出し、ウチの師匠秋風亭てい朝が監修してます。
舞台の途中におもむろに落語が始まる。
ここは私たち落語会のウデの見せ所です。

5月28日、29日、6月11日、12日の4日間。
いずれも午後1時からと、午後4時半からの2回公演です。
場所は広島市のエディオン広島本店本館8階のエディオンスタジオ紙屋町。
お問い合わせはエディオン広島本店プレイガイド(082)247-5111、
チケットぴあ0570(02)9999・Pコード450-596まで。
どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_4965