月別アーカイブ: 2017年2月

チャーハンはじめました

男子厨房に入るべからず。
もうこんな言葉使わない時代です。
料理男子や弁当男子なんて言葉もあるくらい。
イケメン男子が小綺麗な弁当箱に、色鮮やかに食材を敷き詰める。
お昼休みにすっと広げ、
周りの女性社員の歓声を浴びながらメニューを交換したりして。
正直なところ、ちょっと憧れます。

私は料理ができません。
その昔、袋入り即席ラーメンを作ろうとした時、
お湯の分量を間違えて、
それはもう白湯みたいな優し過ぎるスープになったことがあるくらいです。
得意料理は白米を炊くこと。胸を張って言います。
そんな私が、です。

チャーハンを作るようになった。
きっかけは子どもです。
食べる量がその日によって大きく変わる長女のため。
もう一つは子どもの世話でいつもバタバタしてる奥さんを少しでも休ませるためです。
最近は便利になりました。
「チャーハン 作り方」
インターネットに打ち込むだけで、たくさんの方法が出てくる。
簡単な方法と思っていたら、同じキーワードがバンバン出てきます。
「パラパラチャーハン 作り方」
お店のようなパラパラが簡単にご自宅で。
魅力的な言葉が踊ります。
とは言っても、どれだけ簡単なんだろう。
こっちは即席ラーメンでトラウマがあるくらいです。
どれどれ…。ボウルにご飯を入れて、
そこにマヨネーズを大さじ1杯。生卵を一つ落とす。
そしてここからがミソ。
今はチャーハンが簡単できるチューブ入り調味料が売っているとか。
それをそのチューブ本体に表示されている分量を加えるだけ。
あとはひたすら、混ぜる。
そうすることによって、
米粒一つ一つが調味料やマヨネーズや卵でコーティングされるわけです。
やってみた。
これはすごい。
ホントにパラパラです。
調味料のおかげで味のバランスも完璧。
お店のチャーハンが自宅での言葉に偽りなしです。
子どもも奥さんも大喜びしてます。
普段やらないお父さんがっていうスパイスも効いてる。
やってよかった。
得意料理白米に、この度チャーハンが加わりました。
ただあれです、一つ問題があったことに気付いた。
私は食材を切るということができない。
今回もベーコンなんかは奥さんに切ってもらった。
結局休ませられなかったと皿洗いをしながら反省中です。