ほんと継投って難しい・・・。

今夜も広島鯉は終盤の猛攻で激勝(≧∇≦)

気がつけば、

単独2位じゃ、あ〜りませんか( ̄▽ ̄)

もちろん、鯉打線のつながりに菊池の集中力は

賞賛に値するものですが

それ以上に痛感させられたのが

「継投って、ホント難しくて恐ろしい」ということ。

 

7回までの西を見ていると、

確かに、西川の適時打で1点先制したものの

とても攻略したとは言えず、球数も少なくて

こりゃ最後(完投)まで行かれてしまう・・・という内容。

ところが、8回。

いまだ本調子ではない松山が四球を選んでから

あっという間の逆転劇!

投手にとって、ひとつの四球が命取りなのは世の常です。

 

「型通り」なら

8回頭からセットアッパー・ジョンソンでしょうが、

4月に鯉を完封している好投手・西が

自分の家(甲子園)で、あの内容、あの球数。

正直、代える理由ないしな・・・。

 

一方の広島鯉は、継投がビシッとハマりました。

今季初勝利の九里もお見事でしたが、

きょうの裏ヒーローは

一打出れば試合が決まりかねないピンチで

まさに「火消し」のレグナルトでしょう。

 

そんなこんなで5連勝。

あすはメッセを打って、3連戦カード勝ち越しを

決めてもらいましょう!

鯉のぼりは仕舞っても、鯉の季節は終わらない!

甲子園で激闘の広島鯉にありがとう。