第98回高校サッカー選手権広島県大会

第98回高校サッカー選手権広島県大会

11月10日に決勝戦があり、今年も昨年と同じカード。

広島皆実高校 VS 瀬戸内高校 でした。

 

優勝は広島皆実高校!!!おめでとうございます!

 

皆実は、去年決勝戦で瀬戸内に敗れた悔しさを胸に、王者瀬戸内に勝つんだという想い。

瀬戸内は、今年皆実との対戦で一点も取れていないという悔しさ、そして総体王者の皆実に勝つんだという想いを胸に。

お互いが王者でもありチャレンジャーでもあるといった戦いでした。

結果は広島皆実3-0瀬戸内。

立ち上がりからテンポの良い正確なパスをつないで攻め込んでいた皆実。前半12分での先制、36分に2点目。後半のアディショナルタイムにさらに1点を追加。

それに対して、前半はシュートを1本に抑え込まれた瀬戸内。後半はシュートを積極的に放つなどなんとか得点に絡むプレーをしていましたが、惜しくも敗退となりました。

 

決勝戦は広島テレビで中継、私は今回初めて両校の応援席リポートを担当!!!

ピッチはもちろんなんですが、一か月前から毎日一時間の応援練習をするなど、応援席も勝負にかける想いは熱いんです!!!

事前取材に加え、当日の取材、更に当日の様子や応援団の想い。

放送の中にたくさん入れられるように。

スポーツ部の先輩、そして実況の宮脇アナ、ベンチリポートの小野アナ、有田アナと

ミーティングを重ねて当日に挑みました。

応援団や選手のご両親などたくさんの方に話を伺い、とにかく試合の裏のストーリーを視聴者に聞いてほしい。そうすることで、より一層試合の大切さが伝わる

その想いを胸にリポートをしました。

伺った話を100%入れらることはできず悔しかったですが、

これは必ず聞いてほしいということは伝えることが出来ました。

今回応援席リポートを担当し、

ピッチに立つ選手だけの想いだけでなく、他のチームメイト、親御さん、OBの方などたくさんの人の想いで戦っているんだ

と改めて感じました。

勝者がいれば敗者がいる!

勝利して喜ぶ皆実高校とは裏腹に、涙している選手もいた瀬戸内サイド。

両校の応援席リポートを担当し、どちらの話もきいて来ていただけに、試合後は何とも言えない気持ちで、心にグッとくるものがありました。

両校の皆さんに「お疲れ様です。!」という拍手を送りました。

 

皆実高校12月30日 より関東で開催される全国大会に広島県代表として出場します!!

皆さんの力で掴み取った全国の舞台を思いっきり楽しんでください!!

長くなりましたが、素晴らしい試合の応援席リポートを担当させてもらえてとても嬉しかったです。

そして今回たくさんお話を聞かせていただいた各高校の応援リーダー、応援団の皆さん、親御さんありがとうございました!!!

 

 

ではでは♪

 

 

mao smile 🙂