月別アーカイブ: 2015年4月

セ界の主役へ!

今日のカープ対タイガース。

広テレの中継で私もベンチリポートを担当させていただきました。

試合はというと・・・

タイガース能見投手が素晴らしいピッチングで今季初完封勝利を挙げ、カープは連勝とはなりませんでした。

悔しい1試合となりましたが、まだまだ長いシーズンは序盤!これからの逆襲を信じましょう!

「逆襲」といえば、今週金曜日に放送しました

「セ界の主役へ!”男気”カープの逆襲」

広テレの誇る豪華解説陣に東京からもゲストをお迎えし、カープが優勝できる6つの理由を紐解いていきました。

私はというと東京へ。

向かった先は神田にあるお好み焼き店「Big Pig」

初優勝を決めた時のスコアボードが再現されていたり、たくさんのカープグッズもあり東京のカープファンが連日本当に多く集まるそうです。

こちらで関東のカープファンの皆さんに優勝への思いの丈を語っていただきました。

ここ数年、神宮球場や横浜スタジアムなど関東の球場が本当に多くのカープファンで赤く赤く染まっていて、カープ人気の高さを感じるわけですが、実際に関東のカープファンも熱かったです!広島に住んでいた頃のカープにまつわる思い出話から今のカープまで、カープを語りだすと止まらないくらい本当に熱かったです!

写真 (59)

今回、出演していただいた関東のカープファンの皆さんとカープの「Cポーズ」。皆さんありがとうございました!

広島、そして全国各地からの熱い熱い応援で「鯉のぼり」といきましょう!

初優勝

JTサンダーズの皆さん、リーグ初優勝おめでとうございます!

写真 (51)

創部84年というチームの長い歴史に新たな1ページを加えたリーグ初優勝。

過去何度も跳ね返され、去年も悔し涙を呑んだファイナルの舞台で見せた選手のプレーには「強さ」と「たくましさ」を感じました。

第1セットからデュースに突入し、終わってみれば私自身も過去見たことがない41-39というスコア。見ている者が息を飲む展開にもJTは粘り強く戦い第1セットを奪いました。そして、その勢いのままに第2、第3セットを奪って、去年の雪辱を果たしました。

優勝が決まった瞬間は緑に染まった応援席も割れんばかりの大歓声。コートにできた歓喜の輪には泣いて喜ぶ選手の姿も。選手、スタッフ、OB、チーム関係者、ファン、本当に多くの人が心待ちにしていた悲願達成に、ヴコヴィッチ監督も「このメンバーは永遠に語り継がれるべきメンバーだと思う」と選手を称えました。

写真 (42)

思い返せば2年前、越川選手は入団会見直後のインタビューでこう話しました。

「JTを優勝させるために来た」

最初この言葉を聞いたとき「何と力強く頼もしい」と思った私も、リーグ初優勝の期待をせずにはいられませんでした。

そしてまさに有言実行となった今回の優勝。「プレッシャーがなかったといえば嘘になる」と振り返った越川選手がリーグ初制覇を果たした直後に「嬉しいの一言に尽きる」と話した一言がとても印象的でした。

優勝した次の日、チームは広島へ凱旋し猫田体育館でセレモニーが行われました。

会場には初優勝を待ち望んでいたチーム関係者、ファンの皆さんの姿が。到着した時には大きな拍手、そして「おめでとう」の声が響き、大歓迎ムードに包まれました。

越川選手が優勝インタビューで「待ちに待っててくれた広島のファンの皆さん、皆と一緒に喜べる優勝だと思います」と話したように、広島のバレーボールファン、JTサンダーズのファンにとっても嬉しい嬉しいリーグ初優勝となりました!

写真 (53)

(テレビ派でも優勝セレモニー後に喜びの声をお聞きしました。皆さんの晴れ晴れとした表情がとても印象的でした!)

 

私自身も決勝当日から翌日まで取材・中継をさせていただき、歓喜の瞬間に立ち会え喜びの声を聞くことができ本当に幸せでした。

JTサンダーズの皆さん、リーグ初優勝おめでとうございます!

写真 (54)

 

 

 

ふるさと

先日、故郷へロケに行ってきました!

写真 (39)

向かった先は山口県萩市(残念ながら空は雨模様でした)

私の出身地は萩市のお隣にある阿武町なのですが、車で15分くらいで着く萩は、家族と買い物に行ったり、友人と遊びに行ったりと思い出深い場所です。

そして上の写真、実は私の高校時代の通学路!

歴史ある建造物が立ち並び、白壁や夏みかんが道沿いにある素敵な城下町です(^^)

当時の自分に言って聞かせてあげたい「こんなにも素敵な通学路、もっとありがたく通りなさい」と(笑)

いやぁしかし、将来この通学路で自分がロケをしていようとは当時の小野少年は思いもしていませんでした!

ロケでは

「道の駅萩しーまーと」にある「来萩(きはぎ)」で美味しい萩沖・日本海沖の魚をいただいたり、

写真 (40)

(店長の坪井さん。話しをしていると実は高校の先輩でした!)

また、「萩焼窯元 城山」で萩焼づくりを体験したりと

写真 (41)

(陶芸作家の金子信彦さん(写真右)と金子愛さん(写真左)。完成品は4月6日スタジオでお披露目する予定です。どんな作品になっているか楽しみです。)

私自身、萩の魅力を再発見する旅となりました。

3月31日に前編をお送りしました。旅の後半は4月6日(月)のテレビ派ランチ 「旅とランチ」でお伝えします!ぜひご覧ください!