ハルイチノオト 最終回!

ポルノグラフィティ・新藤晴一さんのコーナー、
「ハルイチノオト」が今週26日の放送で最終回を迎えました。
コーナーは2年間、40回以上のOAに特別番組と
ほんとうに多くの方に取材してその出会いを楽しみました。
みなさん、ありがとうございました!

最終回も通常営業です!訪ねたのは安佐北区亀山。
さすらいのおパティシエ、おしのさんに
スイーツづくりの極意を学びました!

チャレンジしたのはおしのさんの代名詞でもある
大人気「おシフォンケーキ」。
自らをさすらいと名乗る理由や、
ほめ上手な明るいキャラクターに
晴一さんも乗っていきます。
シフォンケーキの出来も含めて楽しめましたか!?
(画像はふるまってくれたお菓子と、
焼き上がりの合間に作ったアイシングクッキー!)

また、収録後には2年間かいていただいたイラストを見ながら
これまでの歩みを振り返っていただきました。
「若いころは面白いモンが東京にしかないとおもうとったけど、
面白いことやっとる人は広島にも多くおることがわかった」と
充実の日々を改めて口にしてもらいました。
(イラストは机に乗りきらないほど!たくさんありがとうございました。)

わたしも小学生のときにアゲハ蝶の歌詞を覚え、
サウダージをリコーダーで吹いて
ハネウマライダーを放送委員として校内に流していたのに!!
“あの日のぼくはきょうを見ていたのかな”??
こうやって一緒にロケをできるようになるなんて
まったく思いもしませんでした。
仕事とはいえ、たくさんの思い出をいただきました。
“触れ合った瞬間に歯車はかみ合っていた”のかな?
時間を刻んだ2年間、ほんとうにありがとうございました。

“あなたを巡って回ってた日々に終わりなどあるとは知らずにいた”けれど、
“ブレスのできない歌は誰も歌えやしない”んですよね。
この“遥か青春の日”“時間は距離じゃない”のなら、
“僕らには始まりや始まってないものばかり”のはず。

コーナーは終了しますが、今回はあくまで一区切り。
これからも放送でたくさんその姿を見せてくれるはずです!
それでは、
いつかまた逢いましょう。
その日までサヨナラ ハルイチノオト~!