今こそ、映画の旅へ…

おはようございます!
週の始まり月曜日、
みなさんいかがおすごしでしょうか。

 

新型コロナウイルスの影響で
撮影・放送が滞っていた4~6月期のドラマ。
前の週あたりから各局で
放送が開始or再開されてきています。
「ようやく始まる!」
色んな思いがめぐる今日この頃です。

ここまで、その放送時間で
私たちの寂しさを埋めてくれたのが
「昔のドラマの再放送」でした。
日本テレビ系列では
『野ブタ。をプロデュース』や『ハケンの品格』。
他局でもそうそうたる名作がならびましたね。
(私はSPECに今さらながらハマりました笑)

 

そうそう、その再放送、
映画館でも行われているのをご存じですか?
(厳密には再上映?カタイこと言わずに…)

広島の映画館のラインナップを見渡すと
『もののけ姫』や『風の谷のナウシカ』、
『君の名は。』から『男はつらいよ』まで、
時代を問わない名作がズラリ。

映画ファンならずとも、
一度劇場で観たい!という
タイトルたちではないでしょうか。

 

そんな作品を見るために、
先日、営業再開した映画館へ行ってきました。
場所は広島市中区「八丁座」。
『この世界の片隅で』の主人公、
すずちゃんが再会を祝っています。

ふかふかのいすに腰を下ろし、
ブレンドコーヒーを手にして。
この日鑑賞したのが『男はつらいよ』でした!
いまシリーズの再上映が
数か月にわたって八丁座で組まれているんです。

わたしにとって初めての寅さん…。
見栄を張り、なけなしのお金を渡し、
分け隔てなくまっすぐに接する。
あのかっこ悪さがすごくかっこよかった。

ヒロイン・吉永小百合さんの純粋さもすてき。
出会って、深めて、すれ違って、送り出す。
物語の流れがすごく良くて、
みんながすきになる理由が
少しでもわかった気がしました。

いい気持ちで劇場を出てくると、
「男はつらいよ」と胸にプリントされた
Tシャツを着ている男の子を見つけた。
足元は雪駄で頭に麦わら帽子。
生まれ変わりかなにかなのかな。笑
そんな出会いにも心が温まりました。

 

レンタルショップでDVDを物色する時間。
配信サービスで思わず続けて見てしまう時間。
それらもすごく愛おしいですが、
名前のしらない誰かと、
その時間、その作品を共有するのは
映画館ならではの体験だと思います。

歴代の名作を見るもよし、
延期していた新作に心躍らせるもよし!
被爆ピアノを題材にした映画や
大林宣彦監督の遺作もこの夏公開されます。

席の間隔をあけるなど、
もちろん、各施設で感染症対策にも
取り組んでおられます。
広島の映画館で、素敵な体験を!
一度してみてはいかがでしょうか。

(楽しみな新作・広島で先行公開ですよ!)