カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ちばりよー!カープ!

カープの沖縄キャンプ、
第1クールを取材してきました!
空港を出るとすぐに沖縄に来たとわかる温暖な気候。
行きのタクシーでは冷房がついていました。笑

練習試合にオープン戦も予定される
この沖縄でのキャンプ。
初日の練習では、攻守ともに
サインプレーや連係プレーの確認に
時間を割いていました。

実戦の中で競争も激化していきます!
土曜日は14安打7得点、日曜日は23安打13得点。
打線が非常に好調なスタートを切っています。

堂林選手は金曜日の試合でノーヒット。
そのあと、午後6時前まで室内練習場で
ひとりバットを振り続けていました。
「モヤモヤする部分を消すために量を振り込んだ」と
土曜日には猛打賞の3安打。
日曜日にも2安打と結果を残しました。

投手陣も1軍に食らいつく姿がありました。
練習試合の最初に登板した遠藤投手。
前日の取材に、
「開幕したつもりでいく。とにかく結果を出す」と
意気込みを話していました。
結果、3回を自責0(エラーが絡み2失点)。
次の登板につなげる投球となりました!

佐々岡監督が「サバイバルになる」と
話していた通り、日南に合流が決まった選手も。
厳しさもにじむ競争の中で、
チームは開幕への段階をひとつずつ踏んでいきます。

今週末にはオープン戦もスタート!
広島テレビは日曜日と月曜日の試合を
広島に向けてお届けします。
誰が投げ、誰が打つのか?
開幕までの楽しみな日々が
見逃せないあなた!
チャンネルは4に合わせて、
エールを送ってください!!

澤村優輝25歳、おしゃれになります!

自分で25歳と打ったときにぐっと
アラサーの実感が押し寄せてきました。。。

それはさておき、先日のお話。
なんと澤村、「ひろしまオシャレンヌ」の
ロケに参戦?してきました。

広島の女性を大変身させるための企画。
なぜ、男性の私が?とお思いの方も
多くいらっしゃるでしょうが、、、。
近くから遠くから自薦他薦おおくありまして、
出演する運びとなりました。
嘘です。自薦強めです。
ごめんなさい。笑

私の服装の悩みは「年齢より上に見えてしまうこと」。
どんなコミュニティでも
「パパ感あるよね」と言われ続けてきました。

そんな私の悩みを解決するべく、
CanCam編集部・おなじみ舞子先生と
ラスボスと名高い?加藤真実副編集長が
これまでコーナーでなかった男性ファッションに挑戦!
澤村はどのような変化を遂げたんでしょうか!?

(こちらビフォーですが、みなさんどうですか??笑)

どうしても自分の年齢と服装が合わない、
若々しくみせるコツを知りたい男性諸君!
また彼氏や男友だちの服装を
どーにかしたい女性諸君(笑)。
心してみるべし!
あしたのテレビ派・オシャレンヌ、
よろしくお願いします!

 

マツダ本社に潜入!!

あけましておめでとうございます!
(大変遅ればせながら…)

2020年初めのブログは、
先日行ってきた
「ハルイチノオト」特別編!
マツダ本社での取材についてです!

「周りで探したら誰かがつながっとるもんね」
とマツダの県内での影響力を実感していた晴一さん。
その敷地内に潜入し、その秘密を探ってきました。

社内を走るバスに乗って取材スタート。
広報部・永田さん(現役のラガーマン!)の案内のもと、
広い敷地を縦横無尽にめぐってきました!
工場はもちろん、食堂に神社、スーパーマーケット?!
そして、ふだんは公開していない、
特別なエリアにも今回取材許可がおりました。
その取材のようすはあす30日の
テレビ派・マツダSPでお送りします!

ここからは取材後記として、、、
一日を通して感じたのは
マツダを支えているのは
業務にあたるひとりひとりの思いなのだなあ、と。

工場のライン生産では、
1分に1台以上のペースで新車が生産されるそうです。
そこに関わる工員が誰かひとり欠けても
分担作業には乱れが生じます。
みな黙々と作業していましたが、
その背中には頼もしさがありました。

また、案内してくださるみなさんは
どこに行っても先回りして総出でお出迎え。
見送りもみなさんでしていただきました。
ウェルカムボードに
プレゼン資料まで準備いただいたんですよ!
大企業の強みを一人ひとりのおもてなしに
見つけた気がしました。

(コーナーロゴまでご丁寧にありがとうございます…!)

大企業、自動車メーカーと聞くと
ぼくも華々しさを感じてしまいます。
ただ、実際に会社を支えているのは
働くひとりひとりの仕事の結果だと
この取材を通して学ぶことができました。
広報部をはじめ、
1日取材にご協力いただいたみなさん、
ありがとうございました。

永田さん、ラグビーがんばってください!!
今度は昔からの食堂にも案内してくださいね。笑

(収録後にパチリ&写真が回転せんバグ…)

2019年もありがとうございました!

みなさま、この年の瀬、
どのようにお過ごしでしょうか??

わたしは、長めのお休みをいただいて、
ひさしぶりの友達と
杯を交わしているところでしょう。
(この記事は出かける前に書き上げていますゆえ。)

元号がかわり、令和となった2019年。
広島では、ローマ法王が来訪するなど、
多くの出来事があった1年でした。
個人的には尾道の朱華園の休業に
大きな衝撃を受けました…。

個人的には
「挑戦と大反省」の年でした。
1年をまとめると、
いろんな話題をサワムラ調べしたり、
ハルイチノオトで県内へお供したり、
エキキタで沢山の人にインタビューしたり、
カープ戦・ナイター中継でリポートしたり、
ウエスタン中継で実況デビューしたり、
けん玉の魅力にとりつかれたり、
少年サッカーでメイン実況を務めたり、
そんな仕事での1年でした。

自分の時間も、
広島に限らず中国地方をめぐったり、
気になる映画を見たり、
尾道に行ったり、
尾道でラーメン食べたり、
尾道で映画見たりしていました。笑

閑話休題。
色々な仕事を任せられたなかで、
またいろんな人と関われたなかで。
自分がどれくらいできているかわからず
うちのめされる機会も多かったです。
アナウンサーとして3年間。
中学・高校なら卒業で、
仕事でも一区切りとしてよく言われますよね。
4年目になる2020年に向けて、
自分自身、どういう勉強をしていくべきか
強く考えていきたいと思います!

また多くのことが起こるはずの2020年。
オリンピックイヤーで
みんなにとって特別なこの年に輝けるよう、
また来年も頑張っていきます!!

放送はもとより、
SNSやこのブログを見てくださる方々に
本当に大きな力をもらっています。
この場を借りて、、、
いつもほんとうにありがとうございます!
来年もサワムラを、
広島テレビをよろしくお願いしますね。笑

それではみなさん、よいお年を!!

画像はうれしかったお仕事のひとつ、
広島国際映画祭の司会。
お借りした素敵なスーツに素敵な舞台。
ありがとうございました!

ようこそ!ヒロシマーティン!

いただきマーティン!でおなじみ!
ZIP「朝ごはんジャーニー」で全国を回っている
マーティンさんが広島をきょうから訪れています!!

テレビ派にも飛び入り出演!
「街かど伝言板」「街かど脳トレ」に
登場してい ただき、コーナーを
大いにPRしていただきました!

テレビからとびだしてきた?
そう疑うくらいに、
明るいキャラは
いつも見ていたそれそのもの。
本番前には
「よっし!がんばりましょー!!」と
ほかの出演者も巻き込んで
雰囲気づくりまでしていただきました。

脳トレの結果は少し空回り、、、
な、様子でしたが(^^;)
あしたからの
ZIP「朝ごはんジャーニー」広島編!
どんな食材がオンザライス!するんでしょうか。
広島のみなさんも楽しみに、
朝はZIPにチャンネルを合わせてみてください!

また、みなさんもこの企画に参加できます。
#ZIP朝ごはん #広島 をつけて、
ツイッターやインスタグラムで投稿!
マーティンにおいしい広島の朝ごはんを
教えてあげてください!

個人的には
コウネオンザライスしてもらいたいな…
そんな贅沢な朝ごはんなかなかないか…。
アナゴオンザライス
カキフライオンザライス
シルナシタンタンメンオンザライス
ぐらいはクリアしてもらって
広島を堪能して次の土地へ
向かっていただきたいところ。笑

とにかく、
あしたからの
「朝ごはんジャーニー」広島編、
ご期待ください!!

みんなで目指そう100億歩!

今週は「カラダWEEK」!
日テレ系の各局・各番組が
「ニッポンを元気に!健康に!」を合言葉に
生活を支えているカラダについて
改めて考えてみよう、という1週間です。

今年のテーマは
「すごいよ!カラダって」。
色んな番組を通して
自分のカラダって実はすごいんだ!と
感じてもらう毎日にしてもらおう。
そんな思いが込められています。

また今回初めて実施されているのが「億WALK」!
https://www.ntv.co.jp/karada_week/okuwalk/
スマートフォンアプリの
「FiNC」を使って歩数を計測。
全国の皆さんと協力して1週間で
合計100億歩を目指す企画です。
日本テレビ系アナウンサーの歩数は公開され、
自分が歩いた数と比較することができます。
広島テレビからは
馬場さん、森さん、澤村が参加していますよ。

企画がスタートして3日。
「よし歩こう!」という気持ちもありましたが、
「会社まで行こう/会社から帰ろう」
「紅葉を見に行こう」
「普段と違うところでお昼ごはんを食べよう」など、
目的をほかのところにおいて取り組むことで、
楽しく歩くことができています。

(初日は三次市・常清滝へ紅葉を見に行きました!)

歩数計のような感覚で
数字がどんどん増えていくのもいい感じ。
まさに、一歩一歩の積み重ね。
生活の中でどのくらい体に
気を遣えているのか可視化できる
いい機会になっています。

川べり、ウォーキングコースが充実しているのが広島のいいところ、、、!

そんなこんなで
歩きに歩いていたら、、、
なんと3日間の合計が
アナウンサーランキングで全国2位に!
(11月6日午後3時現在)
月曜・火曜とnews zeroに名前の字幕が出て、
久しぶりに多くの方から連絡をいただきました。
見つけてくださり、感謝です!

そうはいっても個人差はあります。
自分のできる範囲でチャレンジしてくださいね。
いまからの参加ももちろん歓迎!
こちらのリンクから(https://finc.com/
詳細を確認してください。

ぼくのこれからと言えば、
歩くことを生活に取り入れながら、、、
やりすぎないように、体調をみながら、、、
(ランキングも少しは見ながら、、、笑)
1歩でも多く積み重ねられるようにがんばります!
みなさんも、カラダ・健康について
番組や企画を通して少しでも
考えていただけたら幸いです!

よし、
ブログ書き終わったので、
歩きに行ってきます。

ひとりっぷ、アートの秋④

3年に一度!「瀬戸内国際芸術祭」の舞台、
香川県西部の島々をめぐる旅、
このブログは第4弾です。
(※秋会期は19年9月28日~11月4日です)

ついに旅行は最終日。
最後に向かった島は
「本島(ほんじま)」です!

こんなん、ありましたけど。

直通かね。
サイトにも乗ってなかったけどね。
ん?さぬき???

これ実は、
香川県沖にうかぶ「広島」という島。
広島市は、ま、大部分が島ではないですが
こちらは本当に周りを海で囲まれた島。
芸術祭の会場ではなかったので
予定には組み込めませんでしたが、
一度行ってみたい島の一つになりました。

閑話休題。
本島は雨でした。
上がったかな?と、やみ間を見つけて、
自転車を借りた、ら、10分後、
無防備のところに雨が降りました。
こんちくしょう。

話は肝心のアートへ笑
かつての歴史から、
「海」「船」「水夫」などから
着想を得たアートが多く展示されていました。
 

海に掲げられた大きな漁網。
島に暮らす漁師や一般参加の方々によって
編み上げたものなのだそうです。
漁の網を編むことを通じて
人と人、海や島の記憶も
つなごうという取り組み。
アートと地元が密接にかかわっているのも
芸術祭の特徴です。

港から自転車で15分ほどの「笠島地区」。
街並みは保存地区として
当時の様子が残されています。
広島で言ったら
大崎下島・御手洗などの雰囲気に近いかと。

このなんともいえない通りの名前は
「町屋通り」がなまって変化した、
という説が有力のようです。
ほんまかいな、、、。

濡れた体にしみこむコーヒー。
やわらかな酸味に癒されました。
店主のおじいさんに聞けば、
前回の芸術祭で本島は
アンケートの「おもてなし」の項目が
芳しくなかったのだとか。
普段笠島地区のガイドもしている店主は
「今回こそ」と思い、
自分の淹れるコーヒーと
奥さんの作るケーキでもてなそうと
決めたのだそうです。

そんな話を聞きながら、
さいごに心も温かくなって島をでました。
アート自体は感想を持てるものも、
持てないものもあって。
今後もなにかのきっかけに
なったり、ならなかったり、するんでしょう。

ただ確かに感じたのは、
瀬戸内の島々の皆さんのぬくもり。
1人でも多くのことを経験できた
お休みになりました。
初めて会ったときに人の心をつかむ、
ぼくらにとっても大事なこと。
理論ではないんだけど、
大事なことをもっと勉強していこう。
そんなことを思いました。
また、広島で頑張ります!!

あー、やってしまった。
ブログの更新日には
秋会期終わってしまっています。
行きたくなった方は
その思いを3年間、持ち続けてください!

長文に目を通してくださり
ありがとうございました。

ひとりっぷ、アートの秋③

3年に一度!「瀬戸内国際芸術祭」の舞台、
香川県西部の島々をめぐる旅、
このブログは第3弾です。
(※秋会期は19年9月28日~11月4日です)

島からフェリーで戻ってきて、
この日の宿は丸亀駅近くのゲストハウス。
たどり着くとすぐにオーナーさんが
懇切丁寧なガイドをしてくれました。
「お酒は?飲む?じゃあ夜は居酒屋かな」
「でっかいお風呂入りたいでしょ。銭湯はここね」
「うどんはもう食べた?まだなら明日の朝だね。
朝早くならここの店がおいしいよ」。
「あー、きょうはこの店定休日だなぁ。残念。
ぜひ行ってもらいたかったんだけどね。
次はいつ来られそうかな??」

危ない。そのまま次回の予約を
するところだった。いや、したい。
また来たい。

こうは言いましたが、
もちろん、オーナーの目に狂いなし。
夜でも見られる丸亀城はライトアップされ、
そこまでの道のりも
とても楽し(ちょっと険し)かったです。

そして楽しみなのは晩ごはん。
アドバイス通りに近くの居酒屋へ。
そこでいただいたのは
「オリーブハマチ」でした。

説明しよう!
オリーブハマチとは、
香川県産を主とした
“オリーブの葉”の粉末を添加したエサを
規定の回数与えて飼育した
養殖ハマチのことをいうのであるっ!!
訪れた10月初めはちょうど
ハマチの出荷が始まるシーズン。
脂ののったおいしい刺身をいただきました。

こちらも有名、骨付き鳥。
やわらかくてジューシーな
「わかどり」のお肉を堪能しました!

ちなみにもう一方の
「おやどり」は噛み応え抜群で
肉汁がジュワッと広がる
これぞ鶏肉!なお味。
ぜひ2つ食べ比べてみては?

翌朝には早起きして、
しっかりうどんを食べてきました。
これを食べずに香川からは帰れないッ、、!
釜玉で、おもわずおかわりしてしまった。
体重計?帰ってきてから乗ってませんよ??

と、いうわけで、
このブログ、まだ続きます。
次回、雨の日はアートで雨宿りしちゃう問題。

ひとりっぷ、アートの秋②

3年に一度!「瀬戸内国際芸術祭」の舞台、
香川県西部の島々をめぐる旅、
このブログは第2弾です。
(※秋会期は19年9月28日~11月4日です)

1日お世話になった粟島を離れ、
続いてたどり着いたのは「高見島」です。

こちらの島には「光」の効果を使った
アートが多くありました。


平地がほとんどない高見島は、
集落も作品も斜面に沿って並んでいます。
島に来たらいきなりの上り坂、、、。
まだ若いのに、否、
若いと思っていたのに、、、。
体力もつく芸術祭です。笑

高見島は除虫菊がかつての特産品でした。
除虫菊とは、
蚊取り線香の原料になる花のこと。
広島では因島での生産が有名ですね。
そのかかわりもあって、
蚊取り線香を用いたアートもありました。
島の人々と芸術家が作った除虫菊で
作られた作品は、
実際に火がついていて
二度と同じ瞬間がありません。
会場には蚊取り線香の
落ち着く香りが広がっていました。

画像にはありませんが、
アートの中で食事をできる場所も!
大きくない島ですが、
その島ならではの魅力が
ギュッと詰まっていました。

ブログ、まだまだ続きます。
次回、丸亀、なかなか侮れない問題。

ひとりっぷ、アートの秋①

この仕事、夏休みを
時期をずらしていただくことがあります。

ぽっかりと空いたスケジュール。
思い立って行ってきました、香川県!
3年に一度行われる「瀬戸内国際芸術祭」に
参加するため、電車を乗り継いでいきました。
(※秋会期は19年9月28日~11月4日です)

1日目は県西部の街、三豊市の須田港から
フェリーでおよそ20分。
訪れたのは「粟島」です!

鮮やかなアートの数々。
スクリューみたいな形をしている島において、
港の近くのエリアに作品が集まっています。


特に長居してしまったのが「漂流郵便局」。
全国津々浦々から届け先のわからない(もう届かない)
手紙が集まってくる場所なんです。
もとは芸術祭の作品の一つで、
その後も島で運営され続けています。

過去の自分に宛てたもの、
もう会えない人につづったラブレター、などなど。
たくさんの人の思いが集まった場所でした。
手紙は誰でも読めるのですが、
人の人生を覗いているようで、
その思いに触れているようで。
寂しさ、切なさ、共感、笑い。
色々な感情が引き出されました。

アートとともに
きれいな夕日を目に焼き付けて、、、

この日は島に泊まることに。
北部の集落のなかにある民宿に
お世話になりました。

ご夫婦でやられているこの民宿では、
晩御飯は宿泊客とお二人で
一緒にいろりを囲みます。


うん。どれだけでてくんねや。

たっぷり出してもらった   御飯と
たっぷりつがれたお酒…。
旅先で「お腹すきました!」
「お酒は好きです!」と言うときは
みなさん、今一度ご注意を(笑)

こうやって地元の方と交流できるのも
その土地に泊まってみての体験。
携帯電話の電波は届かず、
秋の虫の音色のなかで眠りにつく。
落ち着いた夜を過ごせました。
島泊、みなさんにもお勧めです。

(画像ののぼりはオーナーの太郎さんの似顔絵)

ブログ、このあとも続きます!
次回、高見島、坂急すぎ問題。