カテゴリー別アーカイブ: 未分類

今年も、やるみたいですよ。

おはようございます!
週の始まり月曜日、
みなさまいかがおすごしでしょうか。

家と会社の間にある関係で、
ほぼ毎日のように通りかかる「平和大通り」。
ある日、そこで二人のスタッフが
こまごまとした作業をされていました。

脚立に足をかけ、木に電飾をまいていく。
もう一人がそれを支えつつ、
電飾が絡まらないよう様子を見る。
あかりがつくかを確認して、
また通りを進んで同じ作業を続ける…。

広島県民のみなさんはもう気付くはず。
そうです、「ひろしまドリミネーション」の
準備が着々と進んでいるのです!

広島を代表するイルミネーション、
それがひろしまドリミネーションです。
ぼくも、今年は関心が低く・・・。
おふたりの準備を見て、
「あ!今年もこんな時期になったか!」
と思い出しました。

フラワーフェスティバルの中止、
全国男子駅伝も中止、、、
平和大通りでの賑わいが止まりました。
「例年通り」こそが特別な今年。
冬の風物詩の準備が進むその姿に、
勝手に勇気をもらいました!

作業されているひとに聞いてみたら、
「わしらもことしはないんか思うたけど、
やる、いうんで準備してます」と。
ありゃ、みなさんにしてもそうでしたか。
でも、なんだかはにかんで嬉しそう。
朝早くからおつかれさまです。

公式サイトでは日程なども案内されています。
https://www.dreamination.com/
ぜひこちらもチェックしてみてください!
おとぎの国がテーマなんだそうですよ。

いつも通りの冬がやってくる!
なにか、楽しみが一つ増えました!
でも、今年も厚着はつらそう!どうしよう!
・・・失礼いたしました笑。

 

大衆食堂に思いをめぐらせ

週の始まり、月曜日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

テレビ派でも先日、特集していました。
閉店した福山の「稲田屋」。
閉店、そのニュースを聞いてから、
なんとか味わう機会を探してきましたが…
ついに間に合いませんでした。

VTRではナレーションを担当しましたが、
周りの人にこそ愛されていたのが映像から伝わります。
閉店の日の行列はその店で作った思い出の証拠。
その甘辛い関東煮の味、、、
後継者が決まり、ふたたび暖簾がかかったときには
ぜひとも福山で味わいたいと思います。

話はこれで終わりません!
福山には、みんなのお腹を満たす
老舗の大衆食堂がもう一軒あります。
駅前、天満屋の裏にある『自由軒』です。

番組で取材に出たわけでなく、
ブログで紹介するのは恐縮なのですが、、、汗
初めていったときからよくしてくださる素敵なお店です。
特長はなんといってもそのお店の形。
カタカナのコの字型のカウンターなんです。
これがお店の臨場感を際立たせるんです!

コの字の内側で店員が
パッパパッパとおでんを盛り付ける。
その隙を見て常連さんが手早く注文。
その様子を見ておそるおそる
自分も間を見つけて声をかける…。

または、そのおでんや料理が供される。
その彩り、香り、シズル感が真横から伝わってくる。
その刹那、思わず同じものを注文してしまう…。

その場の雰囲気を、たまたま居合わせた人たちと共有できる。
おいしい料理とお酒だけでなく、
そんな体験、思い出ができるのが
いいところだと思っています。
また、福山にでかけたときには行きたいなあ!


(お店のなかのようすは、ぜひご自身で確かめてください!)

広島にきて3年と半年ですが、
いろいろなものの終わりを見てきました。
三江線だとか。朱華園だとか。
皆さんの長年の思い出にはかなわずとも、
皆に愛されるお店の、長い歴史に
少しでも触れていたいなあと思うのでした。

しかし…
食べ物の嗜好が25歳の
それではない気がします(笑)

主夫、なめたらあかんで!

平日最後の金曜日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
月曜日の定期投稿がとぎれてしまいました、、、。
たてなおして自分のペースで頑張ります。

さて、今回の話題。
この度、澤村主夫デビューです!
そして、元極道という過去が暴かれてしまいました汗

…………。

幼稚なウソを、失礼いたしました。
今回、身を包んだのは
新ドラマ「極主夫道」の主人公、
「不死身の龍」のコスチューム!
スタートに合わせてのPR撮影が
社内で行われました。


スーツとグラサンに似つかわしくないエプロン姿。。。
このギャップが玉木宏さん演じる龍の良さです。
極道から足を洗い専業主夫の道へ。
そんな龍におそいかかるハプニングの数々!
家族を、この街を守ることはできるのか。
思わず吹き出してしまうような場面も満載です。

そんな龍に扮したPR撮影。
主にSNSにアップロードされることになりますが、
自分の近くまでカメラが寄ってくるカットも多く、、、
果たして、どのような仕上がりになっているのでしょうか。
ドラマともども、ぜひご覧くださいね!

なお、「似合っている」とのお世辞を受け取り
このままテレビ派の脳トレに”カチコミ”ましたが、
その日のコメンテーターの中澤裕子さんに
「毎回会うたびキャラが違うんだけど・・・」と
お褒め?の言葉をいただきました。
なんとか進む道を定めたいものです、、、笑

はてさて!ドラマはこの日曜日から始まります。
『仁義なきヒューマン任侠コメディ』の世界観を
みなさん、ぜひお楽しみに。
日曜よる10時30分からの放送です!

家事、なめたらあかんで!
自分に言い聞かせてます。笑

秋の夜長にカープ、カープ、カープ!

週の始まり、月曜日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

カープは地元7連戦!
中止となった試合が
月曜日のきょうに入ったため、
このような並びになりました。

嬉しいのは、観客席のファンが増えたこと。
テレビ、そして取材で試合を見ていても、
その応援の心強さを感じます。
金曜日の試合から最大約16500人の観客が
マツダスタジアムに入ることができるように。
その金曜日には駅からスタジアムにつながる
カープロードからその雰囲気を中継でお伝えしました。

「ことし初めてのカープ観戦なんです!」
そう嬉しそうに話すファンが多くいました。
声をだせなくても、近くの席でなくても。
選手のプレーを生で感じられる。
そのことへの喜びを、
インタビューを通じてひしと感じました。

顔をほころばせたのは
カープロードで働く人たちも同じ。
通りの賑わいに
「これまでと全然違いますね」
「この流れを待っていました」と口にします。
売り上げも落ち込むことがあったといいますが、
きょうは多くの店で、
お弁当を買っていくファンの姿も見られました。

さて、お客さんもさらに入り、
機運も高まってきた地元での戦い。
あす火曜日から広テレの3戦連続中継です!
「これまではテレビで応援していました」
という声も多く聞かれました。
背筋の伸びる思いです。
ライブはもちろんいい!ですが、
中継でも引き続き野球をお楽しみくださいまし!

(カープロードで写真撮ればよかったです…)

 

気が付けば、、、

週の始まり、月曜日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

とはいえ、きょうは4連休の3日目。
日曜日が終わってもやすみ!!
なんなら明日も1日やすみ!!
暦通りにお休みの方は
連休を最も謳歌できる
タイミングではないでしょうか。笑


さて、9月もすでに折り返しています。
季節が進むのは早いもので、、、
天気予報の原稿に
「この秋いちばんの…」と出てきて、
周りに「もう秋なんでしたっけ!?」と
聞いて回ってしまいました。笑

いつのまにか、
コンビニにおでんと肉まんが並び。
スーパーではきのこが安くなり。
虫の音はセミからコオロギに。

休みの日に行ったカフェの店員さんは
「アイスコーヒーよりホットコーヒーを
頼む人のほうががぜん多くなってきて、
いつの間にか秋だなって思いますね~」
とお話しされていました。
おお。そんな感じ方もあるんですね。


と、いいつつ、
お昼時は日が差したのでアイス。笑

秋となると、ほかの季節に比べて
「こんなことをしたい!!」
と予定を立てることが少ない気がしますが、
その分、日々に楽しみを見つけたくなります。

スーパーで入ったところにあった、
三次生まれの黒い真珠、、、。
ひと房を半分にしたサイズだったので、
思わず手に取ってしまいました。

す、すごく甘い、、、!!!
甘いけど、しつこくない。
ひと粒、またひと粒と
口に運びたくなる上品な甘さ、、、!
さすが、三次ピオーネ。
ひと晩でなくなってしまいました。

ここからも紅葉が深まり、
いろいろな食べ物がでてきて、
ますます楽しみな秋ですね。
みなさんはどんな時に
季節の移ろいを感じますか?

いま試される演技力?!

週の始まり月曜日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

先日、とあるCM撮影が行われました。
馬場さんもブログにしたためていますが、
改めてこちらでも、、、。


馬場さんとオフィスの先輩・後輩という間柄で
CMの中身は展開していきます。
広島テレビ社内の
いろんなスペースを使いながら、
撮影が進んでいきました。

「心の声」で馬場さんのサインを読み取る(!?)
という構成につき、、、。
なんと、この日は
カメラの回っている中でひと言もしゃべらず。笑
まさしく、演技力が試されます。

高校生のときは、
文化祭で劇団の座長も務めたわたくし。
ついにその腕を見せるときがきたかーーー。

実力通り(?)撮影は
スムーズに進みました。

しかし、後日。
セリフの録音に挑んだ際には、
相当に手こずりました。。。

ディレクターから指示が飛びます。
「もっと声は裏返ってもいいよ」
「感情をのせるつもりで」
「セリフと思わず、いつもの言葉みたいに!」
む、む、むずかしいよーー。

いかにして、
そのシチュエーションに
対応していくか、
表現というのは難しいー!
改めて、いろんな引き出しが必要だと
思い知らされました。

声ひとつとっても、
色んなトーン・テンポ・高さ・その他もろもろ…
沢山の要素があることを再認識。
次に生かしていきたいと、思います。
出来の悪い若造への熱血指導、
ほんとうにありがとうございました…。

一方。
今年から仲間入りした木村さんも
一緒に撮影・録音に臨んだのですが。
こちらはヒジョーにスムーズな進行。
新人の底知れぬ可能性に、
4年目は嫉妬するのでありました…。
トホホ。

このCMは月末から流れ出す予定となってます!
自分の声が画面から
流れてくることには慣れたけど…
映像に演技となるとどうだろうか…。
みなさんも、おっかなびっくりで
ご覧くださいませ。

これであなたもファーム通!

週の始まり、月曜日。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

史上最強クラスの台風10号が
九州・そして広島にも接近しています。
早め早めに越したことはありません。
みなさま、想像しているよりも
一段階上の備え・避難行動を
心がけてください。
(この記事は事前に予約投稿しています)

さて。
先週から始まった新コーナーのご紹介です。
その名も「カープ ファーム通!」
某ゲーム雑誌よろしく
「ファム通」と呼んでください。笑

その名の通り、
カープの2軍・ファームで頑張る
若手選手たちにインタビュー!
さらにカープにのめりこんじゃおう
というコーナーです。

と、いうわけで!
さっそく由宇練習場へお邪魔しました。

初回は宇草孔基うぐさ・こうき選手。
親の影響でサザンが大好きで、
自分好みのセットリストもあるのだとか。
お部屋でのリラックス法や
同期・森下投手とのやりとりまで
話してもらいました。

インタビューを通して
すごく印象に残ったのは
その”はつらつさ”です。
午前から足を動かすきつーいメニュー。
そのあとにあったインタビューでも
きさくな笑顔がありました。

「午後からもきょうはやばーいっす。」
というその顔もさわやか。笑
猛練習に取り組むその姿勢に
ポジティブにやることの
大切さを感じたのでした。

さてさて、今週火曜日、
次に予定しているのは
田中法彦たなか・のりひこ投手です!
現在、2軍で抑えとして登板を重ねています。
これまたきつーいランメニューの後に
お時間とっていただきました・・・。

由宇では久しぶりの取材でしたが、
基礎や反復の先に
大観衆の前での活躍があるのだなと
改めて肌で感じました。

西口さんとともに、
がんばる若手選手の素顔を
お伝えしていきます!
どうぞよろしゅう!


(急遽新調したカープポロシャツで出演します!笑)

今シーズン初のサヨナラ勝利!!

週の始まり、月曜日。
に、更新を怠り本日火曜日。
9月、新しい月の始まりです。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

8月28日、金曜日。
カープvs.タイガースの試合を実況しました!
わたし自身初めてのナイター実況。
解説・野村謙二郎さんはじめ、
周りのみなさんに助けられながら、
なんとかその役目を終えることができました。
ご覧いただいたみなさん、
本当にありがとうございました。

試合展開は9回ウラ、
劇的な結末が待っていました。
この日、ショートで先発出場していた
上本崇司選手の劇的サヨナラヒットです。

1死1・2塁の場面で、
ここまでノーヒットの上本選手に対して
阪神外野陣はサヨナラを許すまじと
前進守備を敷きます。
その頭の上を越える一振りで
今シーズン初のサヨナラ勝ち。
上本選手にとっても
プロ初のサヨナラ打です。
手荒い祝福、歓喜の輪の真ん中で
何度もユニフォームで涙をぬぐう
上本選手の姿がありました。

9回の守備、精一杯のプレーながら、
悪送球で勝ち越しのランナーを
2塁にすすめてしまいました。
その前の試合でも
エラーやバントの失敗があった。
ひとつひとつのプレーに対して
真剣に取り組んでいるからこその
忸怩たる思い、、、。
「なんとかしたいという思いが非常に強かった」
という打席で最高の結果を出し、
チームへの思いが溢れました。

”通訳で上がって以来2度目”という
マツダスタジアムのお立ち台。
練習やチームの輪の中で見せる
明るい表情とはまた違って、
ひと言ひと言、チームへの思いを寄せます。
その姿がまた頼もしくも感じました。

打席へとゆっくり向かう姿、
外野に打球が落ちた瞬間、
もみくちゃにされるなかでの涙、、、。
それぞれのシーンは今も脳裏に残っています。
その場に立ち会えて、
改めてスポーツ中継の面白さを
身をもって感じました。

この1試合を励みにして、
これからの仕事にも
ひとつひとつ取り組んでいきます!!

 

動いた、みなさんにありがとう!

週の始まり月曜日。
みなさん、いかがおすごしでしょうか。

直前の週末に「24時間テレビ」が放送されました。
今年のテーマは「動く」。
新しい生活のなかでの1回目として、
今年あえて、「動く」。
そんな思いの詰まった放送となりました。

広島テレビも日曜日の午前・午後に
広島のみなさんの動いた瞬間を
取材し放送しました。
わたしは廿日市宮島口で中継。
そこは「けん玉ワールドカップ廿日市」の
パブリックビューイング会場でした。

けん玉ワールドカップ。
毎年廿日市で行われていた、
けん玉の技を競う世界大会です。
国内外、年齢を問わず
けん玉好きたちが一堂に会する
あの空間が私はとても好きです。
ポジティブな空気で満たされているんです。

ただ今年は、件のコロナウイルス禍で、
廿日市での開催は見送られることになりました。

そこから、動いた人たちがいます。
大会を主催する団体はオンラインでの開催を画策。
廿日市の実行委員会もその様子を
パブリックビューイングで映し出すことで
けん玉プレイヤーや市民の熱い思いを
つないでいく決断をしたのです。

誤解を恐れずに言えば、
当日、会場はとても賑やかな雰囲気となりました。
場所も譲り合いながら、、、
楽しくけん玉できる場所を
みなが求めていたのかもしれませんね。

番組ではオンラインで大会に
参加した選手にも密着しました。
大江一輝おおえ・いっき選手です。

「これまでのような声援がなくて、
オンラインよりも緊張した」と
話していましたが、
3度目のけん玉ワールドカップ挑戦で、
見事、予選ラウンドを突破!
400人以上が参加した大会で
世界28位という健闘を見せました。

午前と午後の中継の間に、
パブリックビューイングで
大江選手の演技が映し出されます。
大技「5タップ灯台」は決められず、、、
ですがその頑張る姿を
多くの先輩たちが見つめていました。
次の世代のプレイヤーとして、
大いに期待されていることが伝わってきました。

さらには!
OAの最後の挑戦で5タップ灯台成功!
勝負強さを見せ、次への弾みをつけました。
来年以降の「旋風」が楽しみです!

大会のために動いた多くの人たち。
中継スタッフやわたし自身も、
大きなエネルギーをもらいました。
合言葉は「また廿日市に集まろう」。
これからのけん玉ワールドカップに期待大です!

終わりに、24時間テレビを
今年もご覧くださったみなさん、
募金や番組を通して
ご協力くださったみなさん、
放送を通して「動いてみよう」と
思ってくださったみなさん。
本当にありがとうございました。

 

 

 

嗚呼、今年の夏休み

週の始まり、月曜日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

先週1週間は夏休みをいただいていました!
なんなら、前の土日から休みでした。
今年は周遊旅行などはやめましたので、
毎日広島県内でのんびりと過ごしていました。

月曜日。体を動かして、前の日に撮った画像をまとめる。

火曜日。本を買いに行き、喫茶店でゆっくりペースで読む。

水曜日。ラーメンを食べて、腹ごなしのコーヒーで小説を読みふける。

木曜日。早起きして、いいことした気分になり、昼寝する。

金曜日。カープにトトロ、トーキングブルースを楽しみにパソコン作業。

日が進むにつれて出不精になっていますね。
いいですね。熱中症は怖いですからね。

冗談はさておき。
「お盆の帰省は避けて、今年は近場で」
と新聞やテレビのニュースでも耳にします。
かくいう私もそう決めて
広島でのんびりした日々を過ごしています。

いつもであれば連休なら
「どこに行こうかな」とか
「あっち行って、こっち行って…」と
せっせと旅行の計画を練るところ。
そのどきどき・わくわくがないのは
今年寂しいことだなと感じていましたが…。

それって近くでもできるんじゃ?
という結論に達しました。

思えば、隣町の地理ってぜんぶわかっていますか?
メディアで紹介されたお店は知ってるけど、
周りに何かあるか知らなかったり。
観光地でいろんなお店が紹介された地域より
住んでいる近くの街のほうが、
思っているより知らなくて、
思っているより楽しい出会いがある。
こんなことあるんじゃないでしょうか。

最近読んだ本に、
「やむをえない理由をきっかけに
新しいものにチャレンジすると、
新鮮な発見があります」
「新しい経験をすると、
情報が増えるだけでなく、
視野が広がります」
と書いてありました。

今年この夏をいい意味で
「やむをえない理由」と捉え、
近くにあるけれど触れてこなかったものに
目を向けるのはいかがでしょうか。

外装に惹かれて入った喫茶店で
本棚の奥から引っ張り出した
文庫本を読みながら、
ふと思ったことでありました。