少しお知らせです

日が沈むのも随分と早くなってきましたね。
先週は中秋の名月があり、天気予報のコーナーでもその時の月の様子をお伝えしました。
いつの間にか、テレビ派の放送が終わる頃には辺りは真っ暗になっていたんですね。
改めて気づき、季節の進む早さに驚きました。

さて、私はこの4月から、広島県内の気象キャスターの皆さんと一緒に
広島県「みんなで減災」推進大使として、県の防災に関するPR活動をしています。

皆さん、広島県の防災ホームページをご覧になったことはありますか?
防災・減災のために普段から知っておきたいことや、
災害発生の危険が高まっている時に確認してほしい情報が、
とても分かりやすくまとめられています。

そのホームページ『みんなで減災 はじめの一歩』では、
大使によるリレーメッセージコーナーもあり、動画が月に1回更新されています。
9月のメッセージは私が担当していますので、よろしければぜひご覧ください。
(テーマは”台風”です)

↓こちらです
広島県「みんなで減災」はじめの一歩
https://www.gensai.pref.hiroshima.jp/

また、県内のイベントでの活動も行ってます!

こちらは、9月に開催された「ひろしまバスまつり」に、大使の皆さんと出演した際の写真です。
広島ホームテレビの横田真理子さん、TSSの田代香子さん、RCCの岸真弓さん、
広島エフエムの磯貝修也さん、NHKの杉山真理さんと一緒です。
(写真を撮ってくださったのはRCCの岩永哲さんです)

ステージでの気象クイズにはたくさんの方が参加してくださり、
和気あいあいとした、とても楽しい時間でした。

次回の活動は、今週末!
広島空港で開催される「ひろしま空の日2017 ふれあい秋まつり」です。

日時: 1015日(日)10:0015:00 ※ステージは12:35~12:55の予定です
場所: 広島空港、広島県防災航空センターほか

皆さんに楽しんで頂けるよう、また気象や防災に関する情報をしっかりとお伝えできるよう、
精一杯頑張りますので、ぜひお越しください!

秋と言えば…収穫の秋!

季節は秋へと移り変わり、朝晩は随分、空気がひんやりとするようになりましたね。
「服装を調節して体調管理を」とよく天気予報でお伝えしていますが、
私自身、きょうはどんな服装にするべきかと悩む毎日です…

さて、実りの秋、収穫の秋!
色々な秋の味覚が楽しみなこの季節、JA広島市主催の農業教室に行ってきました!
今回収穫したのはこちら、

サツマイモです!
土をかき分けたら鮮やかな赤紫色。
さらに掘ったら大きなサツマイモが次々と、ごろごろと出てきました。


サツマイモを両手に、JA広島市の方と一緒に。
想像以上の豊作に、大はしゃぎしております。

そしてもちろん、収穫しただけではありません。
次の季節に向けて、新たに準備をしてきました。


さて、何の葉っぱでしょうか?

こちらはお鍋の季節に大活躍の、白菜の苗です。
収穫後の畑を改めて耕して、冬の収穫の準備をしてきました。
そして、おでんには絶対に欠かせない大根の種まきも。
お伺いしたところ、冬の野菜は気温が低くなることで、その身体に糖を蓄えて甘味が増すそうです。

季節が順調に進みますようにと、願うばかりです。


労働のあとはかき氷!
ティラミス氷というチョコレート味のかき氷を食べました。
畑仕事中は日差しが暑かったので、ついつい惹かれてしまいました。
ほろ苦いココアパウダーがアクセントで、じゅわっと溶けていく甘い氷がとっても美味しかったです。
ただ、食べ終わる頃には随分と身体が冷えて、
今年のかき氷の食べ納めになるのかな…と寂しく感じました。
また来年食べに来よう!

さて、サツマイモの色んな調理法を知りたいです。
幸せなことに、今もお部屋に山積みです。

夏は浴衣で

梅雨入り梅雨明けとばたばたしているうちに季節は移り変わり、
いつの間にか夏真っ盛りとなっていました。
毎日身体にこたえる暑さですが、夏らしい青空は気分が高まります。

とは言え、次の月曜日はもう立秋!
暦の上では季節は秋ということになります。
季節の進むスピードの早さに驚かされます…

まだ夏らしいことが一つもできていないかったため、
先週、夏の浴衣を見に着物屋さんに行ってきました。
探したのは、手持ちの浴衣に合う新しい帯です。


浴衣は白地に水色のコスモス柄。
そして右の帯がこれまで持っていたもの、左が今回新しく選んだものです。
これまでの帯もなかなか可愛らしかったのですが、随分前に購入したものです。
これからはもう少し大人っぽい着こなしができたらと思い、少し渋めの色合いのものを選びました。

一緒に選んでくださった着物屋さんのお姉さんです。
以前、広島の浴衣の着始めのお祭り「とうかさん」の日の天気コーナーで
浴衣について紹介するにあたり、浴衣に関する色々なことを教えてくださった方です。

お姉さんはおっしゃっていました。
「夏の浴衣の目的は、風通しの良い装いで自分が涼しくなるためが半分、
そしてもう半分は、周りの人にも目で見て涼しさを感じてもらうため。
だから、例え暑くても、浴衣を着ているときは涼し気な表情で、凛とした振る舞いで。」

うだるような猛暑、例え何も着ていなかったとしても、きっと暑いですよね…
浴衣をさらっと羽織ったって、暑いときは暑いです。
それでも、せっかく着る浴衣です。
自分だけではなく、見る人の心に少しでも涼しさを届けることができたら素敵ですよね。
暑さに 顔をしかめたりせず、涼やかにほほ笑む。
…肝に銘じます。
(もちろん我慢しすぎはよくないです! 熱中症にはお気をつけください)

他にも、浴衣と季節に関する様々な興味深いお話を伺いました。
例えば、浴衣の柄は意外とひまわりやハイビスカスといった夏の花は少なくて、
なでしこやききょうといった秋の花が多いそうです。
それもまた、見た目の涼しさを感じてもらうためなんだそうです。

そういったお話の中でふと、「これ、よかったらどうぞ」と差し出されました。

白、橙、薄桃色の三色の、薄氷のような涼やかな見た目の飴。
ぽん、とさりげなく手渡される飴にも季節を感じ、その繊細さに感激していると、
「毎日の天気を伝える中でも、こういった感覚を大事にしてみてね」
とのお言葉。

晴れ、雨、曇り、暑い、寒い。
一番大事だけれど、それだけではなく、
季節の繊細な変化に気付こうとする気持ちを大切に、日々自然と向き合えたらと改めて感じました。

 

 

 

 

はじめまして

はじめまして。
この4月から広島テレビの気象キャスターとしてお世話になっております、
気象予報士の塚原美緒と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

このたび、ブログを始めさせていただくことになりました。
初めてのブログで、どういったことを書けば良いのか、少し緊張しています。
ゆっくりと、楽しんで書いていけたらと思っておりますので、読んでいただけたら嬉しいです。

さて、ブログのタイトルの「ぐんぐん便り」。
こちらは「花便り」という言葉から来ています。
花便りとは、“桜の開花を知らせる便り”という意味です。
桜の頃の、今にもほころびそうなつぼみを見上げる気持ちを思い出すと、なんだかわくわくしますよね。

私は小さい頃から草花が大好きで、気になった花の前からは動こうとせず、
怒られてしまうような子どもでした。
せっかく自然と関わるお仕事なので、何か草花にまつわるタイトルにできたらという思いがあり、
そこに浮かんできたのが「花便り」でした。

ただ、ふと考えました。
気象キャスターとしてスタートしたての私には、まだまだ未熟なところが多くあります。
自分を植物に置き換えるとしたら、つぼみどころかまだまだこれから成長していかなければならない
芽の段階です。
だからこそ、“花”という言葉に替えて、これから必ず成長するぞ!という思いを、
“ぐんぐん”に込めました。

これから、気象予報士、気象キャスターとして、みなさんの生活を少しでもサポートできるよう、
日々反省と勉強を怠らず、精進いたします。
そしていつか、素敵な開花の便りをお届けできるように頑張りますね。

皆様これから、どうぞよろしくお願いいいたします!

こちらはJA広島市主催の農業教室に参加した際の写真です。
種から蒔いたエダマメは、2週間ほどで可愛い芽を出してくれました。